気になる!妊婦さんと歯科治療について

診療時間
月・火・水10:00 13:0014:00 18:30
木・土09:00 12:0013:00 17:30
10:00 13:0015:00 18:30
ご予約・お問い合わせ 06-6968-8241
京橋駅・鴫野駅 徒歩8分
24時間受付 初診専用 WEB予約
お問い合わせ
キービジュアル

気になる!妊婦さんと歯科治療について

2024年5月4日

前回は、気になる妊婦さんの歯科治療についてお話をさせていただきました。

まだ読んでいない方は併せて読んでみてくださいね。

前回、「妊婦さんと虫歯・歯周病との関係性について」と「赤ちゃんへの影響について」ご紹介させて頂きました。

今回は、「歯科を受診する時に気をつけて頂きたい事」・「生まれてくる赤ちゃんの為に是非、していただきたい予防について」・「歯科検診について」についてご紹介させていただきます。

歯科受診する時に気をつけて頂きたい事

①妊娠中だと教えて下さい

妊婦さんの治療では、使用する薬剤を妊娠期に合わせて配慮させていただいています。

来院した際には妊娠中だと教えて下さい。

母子手帳もご持参していただくようにお願いします。

また、産科の主治医に注意を受けている事などあれば教えて下さい。

②治療の相談はお早めにお願いします

妊婦さんのお口の中は、妊娠前に比べると虫歯や歯周病が進行しやすくなっています。

治療を躊躇すると思わぬ悪化を招くこともあるので、症状が軽いうちに歯科医院で検診を受け、体調に合わせて治療が受けれるようにご相談いたします。

③産科の主治医にも相談してください

歯科治療を希望の方は、妊婦検診の際に産科の主治医にもご相談をしておきましょう。

妊娠高血圧症や妊娠糖尿病などにかかっていたり、外科など大きな治療が必要な場合は、必要に応じて歯科と産科が連携し全身状態を把握して、治療を進めます。

 

*ワンポイントアドバイス

妊娠中に多いトラブルとして、「親知らずのトラブル」が多いです。

歯茎が腫れやすく、虫歯も進行しやすい妊娠中は、急に親知らずが悪化して抜歯が必要になるケースも多くあります。

抜歯になると歯科麻酔や抗生物質など薬が必要になってきます。

可能であれば、妊娠前に親知らずの抜歯を行いトラブルを未然に防ぐ事をおすすめいたします。

 

赤ちゃんの為になる妊娠中にできる予防について

妊娠初期は、つわりがあり丁寧に歯磨きをするのが大変な時期になります。

つらい時期を乗り切るための予防法をご紹介させていただきます。

生まれてくる赤ちゃんに虫歯ってうつるの?

妊娠中に歯周病が進行すると、お腹の赤ちゃんの成長に影響し早産の原因になります。

では、虫歯はどうでしょうか?

生まれてきてくれた時の赤ちゃんのお口の中には虫歯菌はいません。

出生後に周囲の人から虫歯菌をもらう場合があります。

赤ちゃんに虫歯菌を移さないように、お母さんをはじめとするご家族のお口が清潔に保たれている事がとても重要です。

妊婦さんのお口の健康にためのみならず、お子さんの将来のお口の健康の為にも、お母さんの虫歯菌を減らしておくことがとても大切です。

 

妊娠初期の歯磨きがしんどい時期は下記の方法を試してみてください

体調のよい時間帯を選んで歯磨きをする

体調が悪い時に「1日3回しっかり歯磨きしないと」と無理に頑張らなくて大丈夫です。

ゆったりできる体調の良い時間帯を選んで、1日1回の歯磨きを丁寧に行ってみてください。入浴中や寝る前のリラックスタイムがおすすめです。

それも難しい場合は、食後すぐに強めのブクブクうがいをしたり、嘔吐した直後も、胃酸で歯が溶けないようにブクブクうがいをしましょう。

また、歯磨きの際に歯磨剤をつけるのがしんどい場合は、平気になるまでは歯磨剤はつけずに歯磨きしても大丈夫です。

歯磨きの仕方について

下を向いて、唾が口の中に溜まらないようにして歯磨きすると、嘔吐感が刺激されにくく磨きやすくなります。

また、歯ブラシも先端が小型の物も販売されているので歯ブラシをお口に入れると嘔吐感を感じる方は小型ヘッドの歯ブラシを試してみてください。

フロスも柄付きのY字フロスがお口を大きく開けずに清掃ができて便利です。

歯ブラシ以外にもフッ素入りの洗口液でブクブクうがいもおすすめです。

キシリトールで虫歯菌を抑制

妊婦さんがキシリトールを100%配合したガムを噛んだら、子供への虫歯菌が減少したという研究報告があります。(Nakai Y etal,,2010)

ベタベタのプラークがサラサラになり除去しやすく、お母さんのお口の清潔を保ちやすくなります。

赤ちゃんの為にも歯科検診を受けましょう

妊娠する事でお口の環境が変化しやすくなります。

妊娠中はお口の健康を保ちづらい条件がそろうので、お口の悩みが生じやすくなります。

しかし、お腹の中の赤ちゃんを気遣うあまり必要な受診を避けてしまい、お口の悩みをそのままにしてしまう方も多くいらっしゃいます。

しかし、出産後は、子育ての忙しさで自分の事は後回しになってしまいます。

気づいた時には大掛かりな治療が必要になるほど悪化しているケースが後をたちません。

ですから是非歯科検診の受診を行いましょう。

歯科検診で自分のお口の中の状態を知り、プロのアドバイスで口腔内環境を効率よく改善したり、大事にならないように小さな処置でトラブルを止めて、お口の健康を長く保っていきましょう。

もう一つ忘れてはいけないのは「妊婦さんのお口の健康は、自分のためだけではない」ということです。

妊婦さんのお口の健康は、「お腹の赤ちゃんの育ちや将来のお口の健康に直接的・間接的に影響する」からです。

歯周病の炎症は、お腹の赤ちゃんの成長に影響し、早産にも関わります。

また、お母さんをはじめご家族(お父さん・おじいちゃん・おばあちゃんなど)のお口のケアが不十分で虫歯菌が沢山いると、生まれてきた赤ちゃんのお口に虫歯菌がうつりやすく、お子様の生涯の虫歯リスクを決定づけてしまいます。

母子健康手帳を貰ったら是非、妊婦歯科検診の受診を行いましょう!

 

いかがでしたでしょうか?

前編・後編とわけて妊婦さんと歯科治療についてご紹介させていただきました。

大切な新しい命がお腹に宿り、お母さんの身体は日々変化していく中ご自身と生まれてくる赤ちゃんの為にも日々の予防や歯科検診を受診して母子共に健康なお口で過ごしましょう。

もちろんお母さんだけではなく、ご家族みんなで取り組む事がとても大切です。

歯科治療で不安な事もあると思います。

そんな時は悩まずに是非、ご相談してくださいね。

プレオルソってどんなもの?パート①

2024年4月27日

今回は小学生までの新しい矯正治療についてご紹介させて頂きます。

皆さん矯正って聞くとワイヤーを付けた矯正や最近では目立ちにくいマウスピース矯正などを想像されるかと思います。

しかし、子供の歯並びは気になるし治してあげたいけど、矯正治療は費用面などから悩ましい場合や、お子様本人がちゃんと装置をきちんと装着できるか等ご心配な事も多々あるかと思います。

 

子供の矯正=小児矯正にも様々な種類はありますが、今回は【プレオルソ】についてご紹介させていただきますのでご参考にしてみてくださいね。

今回はプレオルソ以外にも、歯並びにとってとても重要な癖の話なども含めて3回にわけて投稿させていただきます。

まずは、そもそも歯は何故その位置に生えているのでしょうか?

 

現在のお子様の歯並びはたまたまなった訳ではなく、原因があって今の歯並びをしています。

綺麗な歯並びの人はたまたま運よく綺麗な歯並びになったわけではありません。

では、歯並びはどのように決まるのでしょうか?歯の周りの筋肉の使い方によって決まります。

歯は硬い物なので、歯自体は勝手に動きません。では、どうやって動くのかというと、歯の周りにある筋肉は歯に作用することで歯が動いていきます。歯はお口の外側からの力=「唇の力とほっぺの力」と、内側からの力=「舌の力」が押し合って、ちょうどいい場所に並んでいます。

この力がとても重要です。

例えば、近年のお子様に多い口呼吸をしていると唇の力が歯にかからないので、出っ歯の原因になってしまいます。お口が開いた状態(お口ポカン)が続くと、唇・舌・ほっぺの筋肉が弱くなったり、力のバランスがくずれやすくなります。

綺麗な歯の位置=歯並びにとってはあまり良いこととは言えません。いつもお口は閉じるように注意しましょう。

お口を閉じると同じくらい大切なのが舌の位置です。

皆さん、今舌はどの位置にありますか?

実は舌にはお口を閉じた時の正しい位置があります。舌は上顎についている状態が正しい位置です。この舌の先の正しい位置の事を【スポット】と言います。

では何故、舌の先がスポットにつくといいのでしょうか?

歯並びは舌の形と同じように並ぶからです。舌がスポットについていないと、先程の歯の内側からの力がかからない為、ほっぺの力で歯並びが狭くなってしまいます。

しかし、現代人の多くはスポットについておらずに舌が下がった状態で生活している人が多いです。

その理由は、昔と比べて硬い物を食べなくなったせいで、舌の筋力が弱っているからです。舌が自然と上がらずに下顎の中におさまってしまいます。

そうなると、上顎は狭くなり、下顎は広がって上下バランスが崩れて歯並びが悪くなります。つまり、舌の位置が大きく歯並びに関係しています。

わかりやすい例ですと、舌が前歯の裏側についている人は、上顎前突いわゆる出っ歯になりやすいです。

また、下の前歯の裏側に舌の先がついている人は受け口になりやすいです。

また、最近のお子様に多い舌の癖では、舌突出癖があります。舌の先を上下の歯の間に差し込む癖のことです。

こういう人は、オープンバイトといって上下の歯で噛んだ時に上下の前歯の間に隙間ができてしまう歯並びになってしまいます。

このように普段意識していない内に舌の位置によって歯並びが悪くなってしまう可能性があります。

 

せっかく矯正を頑張ってもお口ポカンや舌の悪い癖があるとまた元の良くない歯並びの戻ってしまします。

お子様にお口ポカンや舌の癖がないか確認していただき、癖がある時は改善できるように意識してみましょう。

 

歯並びに悪い癖ってなんでしょうか?

先ほどのお口ポカン・舌の癖以外で歯並びに悪い癖はなにがあるでしょうか?

頬づえ

手が顎や歯を押しているので、顎や歯の形が悪くなってしまいます

 

うつぶせ寝・横向き寝

枕が顎や歯を押しているので、顎や歯の形が悪くなってしまします

 

唇を噛む

前歯が内側に押されたり、上の前歯と下の前歯の間に隙間ができたりします。

 

上記のような癖がお子様にはございませんか?

もし該当する癖があればせっかく矯正を頑張っても悪い癖が矯正の邪魔をしてしまいます。

まずは、悪い癖を治す事も意識してみてください。

 

口呼吸と鼻呼吸について考えてみましょう

お子様は口呼吸をしていませんか?

口と鼻にはそれぞれ役割があります。口は言葉を話したり、食事をします。そして、鼻は呼吸するところです。

鼻でご飯はたべませんよね。そうです。口呼吸をしている場合は間違った呼吸法なので注意が必要です。

実は上下の唇が少しでも開いていたら、それはもう口呼吸をしています。

では何故、口呼吸がいけないのでしょうか?

【体中の病気の原因になる可能性がある】

口呼吸をしていると、外の空気をそのまま吸い込んでしまいます。

汚れやウイルスも直接体の中へ入ってきます。その為、風邪や病気になりやすくなります。でも、鼻で呼吸すると、外の空気が体の中に入る前に、鼻の中で空気の汚れやウイルスを捕まえてくれたり、冷たい空気を温めてくれたりします。

なので、外の空気は体に優しい状態になってから体の中に入ります。

 

*空気中の有害物質が体内に入る

→ウイルス感染やアレルギーを起こしやすくなる

*唾液が減り、お口の中が乾燥する

→虫歯や歯周病のリスクが大きくなる

*お口ポカンの状態が続くと口の周りの筋力が低下する

→歯並びが悪くなる

ここまでご紹介させていただいた内容はこの後登場するプレオルソと深い関係があるお話です。

それでは、本題のプレオルソについてお話していきます。

 

プレオルソと悪い癖との関係とは

4歳~10歳位までの子供を対象とした、マウスピース型の矯正装置の事を【プレオルソ】と言います。

通常のワイヤー矯正ですとワイヤーで歯に力を加えて歯を動かすとイメージされるかたが多いと思います。

プレオルソは全く異なる方法で歯を動かしていきます。

それこそが、先ほどご紹介させて頂いた歯並びを悪くしている原因である口周りの筋力のバランスを調整し、本来の正常な機能を獲得し、「間接的に」歯が正しい位置に並ぶように導く装置です。

プレオルソ+お口の筋肉のトレーニングが必要になります。

  • プレオルソを装着したら口をしっかり閉じる

→装置が口から出ないように上下の唇をしっかり閉じてもらいます。

そうする事でお口周りの筋肉がトレーニングされます。

また、口をとじるので自然と鼻呼吸することもできます。

  • プレオルソはスポット専用の形をしています

→プレオルソには舌をスポットにつける為のスペースがあり、舌を自然とスポットにつけるトレーニングもできます。

また。舌の悪い癖がある子もスポットの専用スペースに舌があるので歯並びに悪影響を及ぼす事を防げます。

 

上記のように根本的な原因をトレーニングする事で悪い癖を治して、矯正後の後戻りの可能性を低くする事ができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、プレオルソのご紹介の前に知っていただきたかった歯並びの話と悪い癖についてご紹介させて頂きました。

お子様に該当する癖などありましたか?

今はあっても大丈夫です。これからプレオルソやお口のトレーニングを行い、改善する事は出来ます!

まず、今すぐできる事であればお口ポカンをしてたり、唇を噛んでいたりご家族の方が気づいてあげられる事はお子様に伝えてあげましょう。

それでは次回は、プレオルソについて詳しくご紹介させていただきますので次回もお楽しみにしていて下さいね。

気になる!妊婦さんの歯科治療についてお答えします

2024年4月3日

今回は妊婦さんの歯科治療についてお話させていただきますね。

「妊娠後に歯が悪くなった」という話を、出産経験のある女性から聞いた事はありませんか?

現在、妊婦さんの方、未来の妊婦さんが歯科治療に対して不安な事や気になる事などを今回は詳しくご紹介させて頂きます。
是非、ご家族・パートナーの方もご一緒に読んでみて下さいね。

妊娠と虫歯の関係について

実は、妊婦さんのお口は虫歯になりやすいです。
そして、その原因はよく言われる「赤ちゃんにカルシウムをとられてしまうから」ではありません。
赤ちゃんを育てるために妊婦さんの身体に起きる変化が関係しています。
ではどんなお口のトラブルがあるのかご紹介させて頂きます。

お口のトラブルを起こしやすくなる変化

① つわり

歯ブラシや歯磨き剤を口に入れるだけで吐き気がする方もいる為、妊娠前より歯磨が丁寧にするのが難しくなります。
歯ブラシが難しくなると虫歯や歯周病の原因になる汚れを取り除けなくなってしまいます。また歯磨き剤の味が苦手になると、歯磨き剤に入っている虫歯予防に有効なフッ素も利用できなくなってしまいます。
つわりによりお口に胃液が逆流し、強い酸に触れた歯の表面が溶けてしまいます。

② 食の好みの変化

妊娠すると味の好みも変わります。甘い物、酸っぱい物が好きになり、虫歯菌の大好物の砂糖や、歯のカルシウムを溶かす酸性度の強い食べ物(柑橘類など)をとる機会が増えるのです。

③ 間食

お腹が大きくなるにつれて胃が押されて、少しずつしか食べれなくなります。
そうなると間食する事が多くなり、虫歯菌はそのたびにエサを貰えて大喜びになります。

④ 唾液の減少

妊娠による身体の変化に伴って、唾液量が減少します。唾液の粘り気が増し、お口の中が洗い流されにくい状態になります。
また、唾液が減ると、虫歯になりかかった歯を修復してくれる唾液の再石灰化作用が弱まってしまいます。

 

上記のような変化が起きてしまい普段よりも虫歯になりやすくなります。
しかし、これらは赤ちゃんの為自然に起きる変化ですから、虫歯になりやすいからと止められる事ではありません。
だからこそ、こういう時は歯科医院にて検診を受けていただき、プロのサポートを得てご自身の大切な歯を守っていきましょう!

【ワンポイントアドバイス】

酸っぱいものがあがってきたらうがいをしてください!
胃酸がお口の中に習慣的に逆流したり、酸味の強い柑橘類などを日常的に食べていると、その酸に触れた歯の表面のカルシウムが溶け、エナメル質が薄くなってしまうことがあります。
硬いエナメル質が薄くなると虫歯になりやすくなってしまうので、胃酸がお口に上がってきたり酸味の強い物を食べた後は、水でブクブクうがいをして酸を洗い流しましょう!

妊娠と歯周病の関係について

次は歯周病についてはどうでしょうか?虫歯と同様に妊娠と関係しています。
子宮やおっぱいを大きくし、胎児が元気に育つように身体を変化させる女性ホルモン。歯周病菌の仲間にはこのホルモンを栄養源とするものがいて、女性ホルモンが豊富な妊婦さんの歯茎が大好きです。

盛んに増殖し活発に活動します。その為妊娠中は、普段歯茎が腫れない人も歯周病の初期症状「歯肉炎」になりやすく、歯周病(歯肉炎)の方は症状が進行しやすいのです。
歯周病の炎症は低体重児出産(早産)と関連するといわれ、赤ちゃんの成長に影響を与えかねません。早期に歯科医院にて検診を受けていただき、歯周病の予防&治療を行いましょう。

 

では妊婦さんは治療を受けられるのでしょうか?
もちろん妊婦さんも治療を受けられます。
妊娠前から予防をして、ずっと健康なお口で過ごせるのが理想ですが、もし妊娠中に悪化しても基本的には通常の歯科治療が受けられます。
受けられる時期と注意点についてご紹介させて頂きます。

【妊娠初期(0~15週)】

つわりで繰り返し起こる嘔吐や、嗜好の変化と偏り、吐き気による歯磨き不足などの為に、虫歯や歯周病になりやすいお口へと急激に変化しやすいです。

注意点

赤ちゃんの重要な器官がつくられる大切な時期です。
流産の危険性も考慮して、痛みや炎症をひとまず止めるために応急処置にとどめ、本格的な治療は安定期か産後に行います。
かかりつけの歯科医院で必ず定期的に経過観察を受けましょう。

【妊娠中期(妊娠16~27週)】

徐々につわりがおさまって歯磨きが楽になってくる頃です。
一方、食欲が増して間食の回数が増えるなど、食習慣の変化が虫歯になりやすい時期です。

注意点

胎盤が完成する安定期に入ります。産後まで治療が待てない場合、外科処置を含む一般的な歯科治療を受ける事ができます。
歯のクリーニングも再開していきましょう。
激しい急性炎症を起こすような、進行した歯周病や親知らずの抜歯は、必ず産科の主治医の許可を得て行います。

【妊娠後期(28~39週)】

赤ちゃんが急激に成長して子宮が大きくなるので、胃が圧迫されて一度に沢山食べれなくなります。ちょこちょこ食べる必要があるので、虫歯のリスクが上がる時期です。

注意点

仰向けで診療を受けると大きくなった子宮に大静脈が圧迫され、低血圧症を起こしやすくなります。産科の主治医に相談し、歯科受診の際はチェアの背を少し立てるなど短時間の応急処置にとどめるなど、体調に合わせた治療計画をご相談しましょう。

【ワンポイントアドバイス】

妊娠後期の仰向け姿勢で起きがちな低血圧症。身体を左側に傾けると、大静脈の圧迫を避けられ低血圧症を防ぐことができます。
足を組み、タオルで背中を固定すると安定します。

 

赤ちゃんへの影響について

次に治療を受ける時に一番気になるのが赤ちゃんへの影響です。

麻酔薬や飲み薬、レントゲンの被ばく量については薬剤の種類や妊娠期により異なります。

歯科の局所麻酔について

一般的な歯科治療でもっとも多く使われている麻酔薬リドカインは、無痛分娩や帝王切開にも使われ、妊娠全週で問題なく使用できる麻酔薬です。
通常量を使っても問題ないとされています。一方、プロピトカインという麻酔薬には、子宮を収縮させ分娩を促進させる作用がある為、妊娠後期の妊婦さんには使用しません。
赤ちゃんの為にも、痛みのストレスを我慢しないでくださいね。

歯科で処方するお薬について

お薬の安全性については、お腹の赤ちゃんに実際に試してみるわけにはいかない為、確認されているお薬はありません。
歯科では、比較的安全性が高いとされるお薬を、その効果が赤ちゃんへの影響を上回ると判断した場合に限り、必要最小限の処方をしています。

歯科のレントゲンについて

歯科のレントゲン撮影は、歯や歯茎や歯を支える骨の中に隠れていて見えない虫歯や歯周病を把握し、ピンポイントで治療をして、最大限の成果を上げるために行う、とても重要な検査です。レントゲン無しの治療は、暗がりを手探りで歩くようなものです。
その為、精度の高い治療が困難になってしまいます。

では歯科のレントゲンの放射線量はどのくらいでしょうか

歯科用デンタルレントゲン撮影1枚につき約0.008msv。パノラマ撮影1枚につき約0.01msvです。
日本に住んでいる人が1年間に浴びる自然放射線量は約2.1msvです。
そして、産婦人科診療ガイドラインには、「50msv未満の放射線量であれば、お腹の赤ちゃんへの影響と被ばく量との間に関連は認められない」とされています。
デンタルレントゲンの撮影枚数 約6万枚 で50msvの放射線量
パノラマレントゲンの撮影枚数 約5万枚 で50msvの放射線量
この基準と比べるといかに歯科のレントゲンの放射線量が少ないかがご理解いただけるのではないでしょうか

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、妊婦さんと虫歯・歯周病との関係や気になる歯科治療についてご紹介させていただきました。
次回は、妊婦さんの検診や予防についてお話させていただきますのでそちらも併せて読んでみてくださいね。

親知らずは抜かないといけないの?

2024年3月19日

 

歯科医院を受診した時に「親知らずを抜いたほうがいい」と言われた事はありませんか?「今は痛みもないし困っている事はないけど本当に抜かないといけないの?」と疑問に思われる方も多いと思います。
今回は、親知らずについてお話させていただきますね。

そもそも親知らずとはどんなものでしょうか?

親知らずの正式名称は「第三大臼歯」と言います。
何故、俗に親知らずと呼ばれるようになったかというと「親が知らないうちに生えてくるから」と言われています。
親知らずが生えてくるのは上下共に20歳頃です。
子供が小さい内は、親がお口の中をみて仕上げ磨きや永久歯が生えてきているかなどチェックしますが、大人になるにつれてそうしなくなってきます。
だから親の知らない間に生えてくる「親知らず」なのです。(所説あり)
また、「智歯」とも呼ばれますがこちらは英語のwisdom teeth〔知恵がついた大人の頃に生える歯〕の和訳です。

何故、親知らずの抜歯をすすめるのでしょうか?

全ての親知らずに必ずしも抜歯が必要な訳ではありません。
まっすぐ生えているなら問題はありません。
ですが、現代は顎が狭く小さくなって、親知らずが半ば埋もれて生えている(半埋伏)人や、傾いて生えている人が圧倒的に多くなっています。
そうした咀嚼の機能を果たさない親知らずは、虫歯の原因になったり歯茎に炎症を起こしたり、歯並びに影響するだけではなく、全身の健康にかかわってきます。
現在は痛みや異常がなくても、将来的に親知らずが悪さをする可能性を見越して、患者様の将来的な健康を考えて抜歯のご提案をさせていただいております。
では、抜いたほうがいい親知らずについて詳しくご紹介していきますね。

親知らずの生え方ラインナップ

下記は一部ではありますがよくある親知らずの生え方や埋伏の仕方です。

 

抜いたほうがいい親知らずについて

① 親知らずが隣の歯に悪さをしている
② 親知らずが病気の原因になっている
上記の2パターンが多いです。
では、更に詳しくご紹介していきます。

隣の歯を虫歯にしている

親知らずが傾いて生えていて、手前の歯とぶつかったところが虫歯になってしまうケースがあります。
親知らずがぶつかっている所は食べカスが挟まりやすく歯ブラシも届かない為、虫歯になるリスクが非常に高いです。
もちもん、ぶつかっている親知らず自体も虫歯になりやすいです。

歯並びに影響している

横に倒れて生えた親知らずが手前の歯の側面にぶつかり、押されてしまいます。押された歯が更に隣の歯を押して・・・・と、将来的に歯並びを悪くする可能性があります。

隣の歯の根を失わせている

横に倒れて生えた親知らずが手前の歯の根にぶつかり根の部分的な喪失(吸収)を起こします。根がなくなってしまうと歯の保存が難しくなってしまいます。
根の吸収が少ないうちなら親知らずを抜けば保存できる場合もあります。

歯茎に炎症を起こしている

中途半端に顔を出した歯と歯茎の隙間は深い歯周ポケットが出来ているのと同じ状態です。
その為、内部にプラークが溜まり、炎症が起きたり腫れたり出血しやすくなります。
こちらは、抗菌薬などで炎症を一時的に抑える事ができますが親知らずを抜かない限り、炎症が再発します。

そして注意が必要になるのが「智歯周囲炎」です。
「智歯周囲炎」とは親知らずが関連して起こる歯周病の事を言います。
親知らずは顎の最奥に生えている歯の為、位置的に咀嚼筋や咽頭、頸部へと近いので細菌感染が顎の骨や顔面、首に広がりやすいです。
炎症を繰り返していくと顎の骨が部分的に壊死してしまう「骨髄炎」になったり、皮膚とその下の組織に炎症が起き、顔が蜂に刺されたように腫れてしまう「蜂窩織炎」になってしまう危険があります。

親知らずが病変を作っている

顎の骨の中に埋もれた親知らずが、周りに嚢胞(液体が入った袋状の病変)を作ってしまうことがあります。
嚢胞ができてしまい、骨が著しく吸収されてしまうと骨が脆くなってしまうので例えば転倒してしまい顎をぶつけた衝撃で骨が折れてしまう事もあります。
上記が抜いたほうがいい親知らずです。

いかがでしたか?該当している親知らずはありませんでしたか?
親知らずが原因で歯茎が腫れたりすると自覚症状がありわかりやすいですが埋伏している親知らずなどは普段ご自身では把握するのが難しいです。

歯科医院でも、顎の骨の中に埋まっている親知らずは、外からお口の中を診ただけではどのような状態なのか確認ができません。お口全体のレントゲン写真を撮る事により親知らずの詳しい状態を把握する事ができるので、今は問題がなくても将来的に問題が起こりそうな親知らずがあれば抜歯のご提案をさせていただく事があります。

それでは抜かなくてもいい親知らずはどんなものがあるのでしょうか?

まっすぐに生えていて隣の歯にぶつかっていない虫歯や歯周病のリスクが少ない親知らずや周りの歯茎に炎症を起こしていない親知らずなら抜く必要はありません。
顎の骨に完全に埋もれていて、手前の歯とも離れて周囲に病変を作っていない場合も抜く必要はありません。

しかし、まっすぐ生えていても対合歯が無く、噛み合う歯がない場合は歯が伸びてしまい嚙み合わせに問題が生じる場合はまっすぐ生えていても抜くほうがいい場合もあります。
そして、逆に抜かないほうがいい親知らずもあります。
解剖学的に抜くに抜けない親知らずも存在します。

極まれに親知らずの根が下顎管(下顎の神経)を巻き込むようになっていたり、親知らずが下顎管とくっついているようなケースは、親知らずを抜くときに神経を傷つけ、麻痺が起こるリスクが高い場合です。
または、患者様自身が全身疾患などあり身体の状態が悪い時は無理してすぐに抜く必要はありません。

ここまでで「抜いたほうがいい親知らず」と「抜かなくていい親知らず」についてご紹介させて頂きました。
抜いたほうがいい親知らずが自分にはあるけど・・・「抜くのはやっぱり怖いしどうしよう」「親知らずを抜いたら顔が腫れたって聞いた事がある」「抜くのは入院するの?」など不安な事や気になる事が出てきたかと思います。

では次は、患者様からよく聞かれる質問にお答えしていきますね。

親知らずの抜歯のQ&A

Q:親知らずの抜歯は歯科医院で抜く時と大学病院に紹介されるのは何故ですか?

A:親知らずの生え方や位置などレントゲンにて検査を行います。
特に下顎の親知らずは神経や主要な血管がその近くを通っています。
該当する一般歯科では難しい症例の親知らずに関しては安全性を重視して設備の整った大学病院や専門医にご紹介させていただきます。

上記以外にて、一般歯科でも安全に抜ける場合は紹介せずに抜く症例もある為です。
当院でもレントゲンの検査とお身体の状態などカウンセリングさせていただき、ご紹介か当院にて抜歯かをご相談させていただいております。

Q:親知らずの抜歯後の痛みや腫れは実際どのくらいですか?

A:基本的に、親知らずを抜く時にまっすぐ生えている場合は周りの骨を削ったり歯茎を切開する事はすくないので比較的痛みや腫れはできくいです。

しかし、歯茎の中に埋まっていたりする場合は歯茎を切開して、周りの骨を削り歯を抜いていきます。
そうなると骨を削る量が多いほど腫れが生じます。
抜歯後は鎮痛剤をしっかり服用していただき、術後の感染も起こらないなら、痛みのピークは1日後、腫れのピークは2日後です。そこから徐々に引いていきますのでご安心ください。

しかし、4~5日、あるいは1週間してから腫れや痛みが増してきたなら、術後感染が起きている可能性があります。
「親知らずを抜いて腫れてしんどかった」という方はこのようなケースと思われます。

Q:親知らずの抜歯後に唇がしびれたなど後遺症はありますか?

A:神経のしびれは、親知らずの生えている位置関係上、どうしてもリスクはゼロではありませんが、可能な限り予防策を取っています。
下顎の親知らずのそばには、神経や血管の集まりである下顎管や舌神経が通っています。
抜歯の際にこれらの神経に刺激が加わると、下唇や顎の皮膚にしびれが出る事があります。
通常数週間~数か月で治りますが稀に更に続くこともあります。

しびれのリスクを減らすには親知らずと神経の位置関係を正確に把握する必要があります。
その為、3次元のCTにて位置関係を把握しています。
その際に、リスクが高いケースは抜歯をしないほうがいい事もあるので無理に抜歯は行いません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は【親知らず】についてご紹介させていただきました。
親知らずが悪さをする前に抜歯を検討してみてください。
自分の親知らずは今どんな状態なのか、抜いたほうがいいのかなど知りたい方は是非、歯科医院にてご相談下さいね。

口臭が気になる方集合!におわないお口の作り方

2024年3月12日

マスクをしている時に「あれ?私の口、臭くないかな・・・」やご家族とお話している時に「ん?なんか臭うぞ・・・」など口臭が気になる方、多いですよね。
ご自身も大切なご家族も、におわないお口を目指したいのではないでしょうか。

口臭対策は、1人で悩むより、歯科医院でお口を診てもらうのが解決の一番の近道なのはご存じでしょうか?
口臭の原因は歯科に関するものが多々あります。
口臭物質の温床になりがちなのは、歯周病や舌苔、溜まったプラーク、大きな虫歯、汚れた入れ歯など様々あります。
それらを歯科医院で治療や清掃する事で改善されるケースもあります。

今回は、におわないお口の作り方をお話させて頂きますね。

まずは、口臭の事を知りましょう!

口臭には、「生理的な口臭」と「病的な口臭」があります。
生理的口臭は、朝起きた時に口がにおうなど、誰にでもある一時的な口臭で、1日のうちに自然と増減します。
また、食べ物や飲み物、タバコをはじめとした嗜好品など成分が一時的に口から、あるいは肺からにおうのも生理的な口臭に含まれます。

一方、病的口臭は、持続的に発せられるにおいの事です。
いわゆる「不快なにおい」と客観的に認識されやすいもので、においの原因がなくならないかぎり存在し続けます。
歯周病などのお口の病気や、鼻炎などの耳鼻咽頭の病気、糖尿病や肝疾患など全身の病気により起こります。
(*におい物質が血液をめぐって肺から呼気へ移る為です。)

生理的口臭と病的口臭は明確に2つに分けられるものではないですが、強い口臭が続くというのは、お口か全身に不調が起きているシグナルと言えます。
そして、原因の8割はお口の中にあります!
お口の中の気体に由来します。

その主な原因物質

①硫化水素

硫黄と水素があわさった揮発性硫黄化合物で腐った卵のようなにおいがします。
主に歯磨きによる磨き残したプラーク(細菌の塊)に由来します。
火山ガスや温泉に含まれる、いわゆる「硫黄のにおい」はこの硫化水素のにおいですね。

②メチルメルカプタン

メタンチオールとも呼ばれる揮発性硫黄化合物で腐った玉ねぎのようなにおいがします。
主に歯周病に由来し、歯周病菌の代表であるPg菌により生み出されます

③ジメチルサルファイド

硫化ジメチルとも呼ばれる揮発性硫黄化合物で生ごみや腐ったキャベツのようなにおいがします。
身体の病気や持病のお薬の影響で発生しやすい傾向があります。

特に①と②がお口の原因のうち約90%を占めると言われています。
その中でも歯周病は強烈な口臭のもとになっているのですが、やっかいなのは自分ではなかなか気づけないことです。

しかし、原因が①と②であれば歯科医院にて治療や清掃を行う事で改善できるという事ですね。
では、次はよくある歯科的な要因を中心にご紹介していきますね。

口臭の歯科的な要因

口臭の歯科的な要因

溜まったプラーク(歯垢)・・・・・硫化水素の原因

歯に付着したプラークは細菌のかたまりです。
たった数グラムのプラークの中にはなんと何億もの細菌がいます。
プラークがお口に長くあるほど硬くなっていき、歯ブラシでは落ちにくくなっていきます。
硬くなったプラークは歯石になり、歯ブラシでは落とせなくなってしまいます。
長く残って熟成したプラークはにおいの元になってしまいます。

特に注意したいのは、歯と歯の間や、歯と歯茎の境目にもプラークは溜まります。
ここに溜まったプラークは口臭だけではなく、隣接面の虫歯や歯周病の原因になります。
また、人工物の被せ物の周りにもプラークは付着しやすい為、プラークがついたまま放置していると口臭の原因になります。

上記を改善するためには、毎日にセルフケアをしっかり行う事がとても重要です。
歯ブラシをしっかり当てる・歯と歯の間は歯ブラシ以外の清掃用品フロスや歯間ブラシを使用する事でプラークを溜めないようにする事が大切です。
また、定期的なプロのケアも受ける事で歯石の除去や適切なブラッシング指導を受ける事も大切です。
また、人工物の被せ物もプラークがつきにくい材料などもあります。

穴のあいた虫歯・・・・・硫化水素の原因

虫歯になって穴が開いたところは、食べカスやプラークが溜まりやすい場所です。
そのままにしていると虫歯が進行しやすいだけではなく、においのもとにもなってしまします。

痛みがないからと虫歯を放置せずに虫歯治療を行いましょう。
重度な虫歯も口臭や出やすいので注意は必要です。

定期的に歯科医院にて検診を受けて頂き、虫歯がないかを診てもらいましょう。

歯周病 ・・・・・・メチルメルカプタン

歯周病は傷みや違和感がなく進行していくので、気づかぬうちに重症化しやすいです。
何もしていないのに歯茎から出血するというのは非常に危険なサインです。

歯周病菌の中でも病原性の強いPg菌が出す口臭物質がメチルメルカプタンです。
歯周病になっている認識がない為に、気づかぬうちに不快な口臭が発生していることも多いです。
いわば歯周ポケットの中に口臭のガス工場があるようなものです。

歯周病になってしまっている場合は、歯科医院にて歯周治療を受けていただく事が必要になります。
プラークが溜まり、歯石になり、歯を支えている歯槽骨が溶かされて歯周ポケットがどんどん深くなっていきます。
そうなると歯ブラシでは汚れは取れずに改善がされませんので、歯茎の中に隠れている歯石やプラークを歯科医院にて除去させていただき、歯周ポケットを引き締めて、汚れが入り込まないようにします。
虫歯と同じく、定期的に歯科医院にて検診を受けて頂き、歯周病になっていないかを診てもらいましょう。

舌苔・・・・・・硫化水素の原因

舌苔とは、歯の表面に堆積した汚れの事です。
舌には細かな突起(舌乳頭)が無数あり、その隙間にはがれ落ちたお口の粘膜や唾液の成分、食べカスなどが堆積したもので、白色や薄黄色をしています。
誰しも薄っすらと舌苔はあるものですが、厚く堆積すると細菌の温床となり、不快なにおいのもととなってしまいます。

歯の清掃も大切で忘れがちですが、舌の清掃も忘れずに行いましょう!
専用の舌ブラシを使用します。
水で湿らせた舌ブラシを舌の奥に軽くあてて、奥から手前に、表面を優しくなでるように数回動かしましょう。
※力の入れすぎや磨きすぎは舌が傷ついてしまいますので注意してください。

汚れた入れ歯・・・・・・硫化水素の原因

入れ歯にもプラークや歯石はつきます。ですから、しっかり磨けていない入れ歯も不快な口臭のもとになります。
入れ歯洗浄をする際は、人工歯の部分以外にも入れ歯の歯茎の部分も汚れが残りやすいです。

毎日の洗浄をしっかり行い、プラークや歯石が付着しないようにしましょう。
入れ歯の洗浄は専用の入れ歯用ブラシと入れ歯洗浄の使用をおすすめ致します。

つけっぱなしの仮歯・・・・・硫化水素の原因

本来仮歯は本番の被せ物出来上がるまでの間、仮の歯として使っていただく為の物です。
仮歯は長期間の使用を想定していない為、長期間お口の中にあるうちに、表面のプラスチックが傷ついたり、被せ物と歯との間に隙間が空いたりしてきます。
すると傷ついた表面にプラークが付着したり、隙間にプラークが入り込みやすくなり口臭のもとになってしまします。

仮歯で痛み無く噛めるので治療を中断している方も少なくありません。
しっかりと最後まで治療を行う事が大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。口臭は、歯科治療で良くなる可能性があることがおわかりいただけたでしょうか。
1人で悩むよりも、専門家の手を借りる事が「におわないお口」への近道です。
しばらく歯科医院を受診していない・口臭が気になるなどあれば是非、歯科医院を受診をしてみてくださいね。

インプラント治療について知りましょう!パート③

2024年3月5日

Learn about implants 大阪市城東区 しぎの歯科

前回はインプラント治療の流れについてお話させて頂きました。
まだ、読まれてない方は是非、そちらも参考に読んでみてくださいね。

長期間のインプラント治療がやっと終わり、日常生活も問題なく噛めるようになり美味しく食事も出来て快適に過ごされているかと思います。
しかし、ここで油断をしてはいけません。
気をつけなければ思わぬトラブルが起こってしまうかもしれません・・・
インプラント治療終了後に起こり得るトラブルについて、トラブルの原因や対応方法とこから先、長くインプラントをいい状態で使用する為にできる予防方法等をご紹介させて頂きますね。

インプラント治療終了後に起こるトラブルは主に『細菌』と『噛む力』が原因です。
それぞれについて、詳しくご紹介させて頂きますね。

インプラント周囲炎 大阪市城東区 しぎの歯科

インプラントも歯周病になる?

長持ちの大敵の一つ目は、『細菌』です。
インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病にはなってしまいます。
では、インプラントの歯周病はどのようなものでしょうか?

天然歯の歯周病と比較しながら説明させて頂きますね。
天然歯に起こる歯周病とインプラントに起こる歯周病の原因は、どちらもプラーク(細菌のかたまり)です。
歯周病は、歯の根元まわりに付着したプラークが、まず歯茎を炎症させて腫れや出血を引き起こし、いわゆる「歯肉炎」になります。
歯肉炎が悪化すると、顎の骨が溶けてなくなる(実際は身体の防御反応で骨が吸収されている)「歯周炎」=歯周病となります。

インプラントの歯周病も、進行の仕方は似ています。
インプラントに付着したプラークが、その周りの歯茎を炎症させて腫れや出血を起こします。専門的にはこの様態を「インプラント周囲粘膜炎」といいます。
インプラント周囲粘膜炎が悪化すると、顎の骨にも炎症が及ぶインプラントの歯周病=「インプラント周囲炎」となります。

周囲炎が進むと、骨が失われてインプラントはグラグラしていき最後には抜けてしまいます。
顎の骨が失われる点は共通していますが、天然歯に起こる歯周病では、実は炎症は骨に及んでいません。
炎症と骨の間には常に歯茎があり、細菌が骨の内部に入り込まないように防波堤となっているからです。
しかし、インプラント周囲炎では骨の内部に細菌が入り込み炎症が起きています。
いわば骨炎や骨髄炎と同じです。

ここまで読んでいただくと怖く感じられかと思いますが、インプラント周囲炎にならない為にできる予防法があります。
それは『セルフケア』と『メンテンナンス(定期健診+クリーニング)』です。
そうです、天然歯と同じく毎日のセルフケアと歯科医院でのプロのメンテナンスを受けて頂き、歯周病の最大の敵『プラーク』を取り除く事がインプラント周囲炎の予防策となります。

メンテナンスでは、インプラントとその周りの歯茎や顎の骨の状態を複数の検査で調べます。
なかでも重要視されるのが、インプラントと歯茎の間に器具を差し込んだ時に出血するかどうかの検査です。
出血したら、インプラントの根元に付着した細菌が、歯茎で炎症を起こしています。
炎症は歯茎だけなのか、顎の骨にまで及んでいるのかをレントゲンで更に精査します。
周囲炎やその前の段階のインプラント周囲粘膜炎になっていることがわかれば、日々のセルフケアを見直していただく必要があります。
セルフケアを怠っている状態で治療をしても、細菌は減らず炎症も引きません。
改善されたら、セルフケアの歯ブラシでは届かない、歯茎の中のプラークや歯石を専用の器具で除去します。

周囲炎の場合は、これにくわえて、細菌に汚染された歯茎の組織や顎の骨も除去が必要になります。
細菌の温床がなくなれば、顎の骨がインプラントに結合する見込みが高まります。
周囲粘膜炎の段階で発見できれば元に戻せますし、顎の骨のダメージが少ない状態ほどインプラントを失わずにすむ可能性が高まります。
歯周病と同じく、痛みや違和感を感じてからでは進行している事が多いです。
ですので、日々のセルフケアと定期メンテナンスの受診を欠かさないようお願いしています。

インプラントのセルフケアをレベルアップしましょう!

*歯ブラシをしっかり当てましょう

インプラントと歯茎の間に45度に歯ブラシを当てて、優しく小刻みに1本1本丁寧に磨いてください。

*歯間ブラシを使用しましょう

鏡を見ながら、歯と歯の間に歯間ブラシを下から上に傾けて差し込んで下さい。
(※上顎の場合は上から下に傾けて差し込んでください。)
歯間ブラシを完全に貫通させていただき、毛先が手前のインプラントの歯茎周りに触れた状態で、優しく小刻みに(3~4mm幅)に10回動かします。
次に、同じように毛先が奥のインプラントの歯茎に触れる状態で優しく小刻みに(3~4mm幅)に10回動かします。
この時にワイヤーを直接、歯や歯茎に当てないように注意してください。

*歯間ブラシが入らない時はデンタルフロスを使用しましょう

上部構造に沿わせて、そっと動かして汚れをとっていきます。

詳しくは、当院の歯科衛生士からお手入れ方法はご説明させて頂きますね。

噛む力がインプラントの持ちに影響がある?

長持ちの大敵の二つ目は、『過剰な噛む力』です。
インプラントを長持ちさせるには、過剰な噛む力への配慮が必要になります。
「噛む力」と言っても、一時的にガリッと強く噛んでしまう力よりも、歯ぎしりやくいしばりといった無意識に生じる継続的な強い力が問題となります。

天然歯とインプラントの違いでご紹介した、インプラントと顎の骨の間には噛む力を吸収・分散させる歯根膜がありません。
その為、過剰な力が生じた場合、インプラントや骨にダイレクトに負担がかかります。

その結果

  • ・人工歯部分(上部構造)が欠ける、割れてしまう
  • ・連結パーツ(アバットメントやネジ)がゆるむ、ゆがんでしまう
  • ・人工歯根(インプラント体)に亀裂や破折、インプラント体と骨が剥離して、抜けてしまう事が稀にあります。

くわえてインプラント周囲炎も、歯ぎしりなどにより悪化する恐れがあります。
これは、ご自身の天然歯の歯周病にも起こり得る事です。

歯ぎしりやくいしばりは無意識の癖ですので、自覚していない事がほとんどです。
「歯ぎしりや食いしばり」についてもご紹介しているコラムもありますので、そちらも是非、参考にしてみてくださいね。
歯科医院では、かみ合わせやインプラントの状態を調べる事で、絶えずそうした兆候がないかを定期健診で診ています。
兆候が見つかった場合は、かみ合わせの調整やナイトガード(就寝時につけるマウスピース)などで力の緩和を図ります。(下記画像がナイトガードです)

ナイトガード 大阪市城東区 しぎの歯科

では、上部構造の欠けや連結パーツのゆるみなど、トラブルが起こったらどうなるのでしょうか?

・人工歯部分(上部構造)が欠ける、割れてしまう
→上部構造を外して、修理もしくは作り変えを行います。

・連結パーツ(アバットメントやネジ)がゆるむ、ゆがんでしまう
→上部構造と連結パーツを外して、修理もしくはネジ交換など行います。

・人工歯根(インプラント体)に亀裂や破折、インプラント体と骨が剥離して、抜けてしまう
→インプラント体の撤去を行います。
骨の状態により、再埋入OPEを行う場合もあります。

基本的には上記のような流れで再度、インプラントで噛める状態へと治療を行いますが、者
様の口腔内の状況により異なる場合もあります。

大阪市城東区 しぎの歯科

まとめ

いかがでしたでしょうか?
インプラントをトラブルなく、長持ちさせる為に大切な事をお話させていただきました。

インプラントが完成し、「噛めるようになったから、インプラント治療は終わり!」ではあ
りません。
長く良い状態でインプラントを使用してもらえるように患者様ご自身での日々のセルフケ
アと歯科医院で定期的なメンテナンスがとても重要です。

「痛みがないから」「違和感もないから」とだんだんと歯科医院へ足が向かなくなる方も、
残念ながら少なくないのです。

患者様が異常を感じてから歯科医院へ来ていただいても、対応が難しい事が多くなり、症状
によりインプラント体を抜かないといけなくなるケースもあります。

そして、インプラントだけではなく、日々のセルフケアとメンテナンスはご自身の天然歯に
とっても重要な事です。

インプラント治療について知りましょう!パート②

2024年2月27日

Learn about implants 大阪市城東区 しぎの歯科

前回は「インプラント治療でよくある質問」をテーマにお話しさせて頂きました。
まだ読まれてない方は是非、そちらも読んでみて下さいね。
今回は、「インプラント治療の流れ」についてお話させて頂きますので是非、参考にしてみてくださいね。

インプラント治療の流れについて

①相談と検査

まず初めに、相談と必要に応じて各種の検査を行います。

  • ・患者様の主訴と希望のご確認
  • ・お身体の健康状態、既往歴やお薬等服用についての問診
  • ・レントゲンやCT等必要項目の検査

上記を行い、インプラント治療適応か精密に診断をさせていただきます。

*インプラント無料相談希望の方は、簡易の検査のみとさせて頂きます。
無料相談後にインプラント希望の場合や更に詳しく検査希望の場合は、上記の内容の検査を実施させて頂きます。

レントゲン撮影 CT撮影 大阪市城東区 しぎの歯科

②診断と説明

予備治療、手術の方法や回数、治療期間等についてご説明させて頂きます。
治療計画に応じて、各種お見積りをご提示致します。
患者様とご相談の上、最終的な治療方法を決定します。

*納得できるまでじっくり検討してください。

治療説明 大阪市城東区 しぎの歯科

③治療方法が決定後にインプラント治療の同意書作成

治療方法が決定しましたら契約をさせて頂きます。
契約に伴い、施術者より同意書のご説明をさせて頂きます。
また、インプラントOPEの日程調整も行います。

④インプラント治療前の予備治療

インプラントがすぐにできない場合もあります。
事前に虫歯治療や歯のクリーニングを行い、口腔内の環境を良くしてからインプラントの埋入手術を行います。
他には、矯正治療や再生療法など口腔内の状況によりインプラントを入れる為に必要な予備治療もあります。

予備治療について、詳しくご紹介させていただきますね。
インプラントを埋入する前には、下準備として【お口の環境整備】が必須です。
炎症は徹底して取り除き、足りない骨は再生療法で増やす事が必要になります。
もちろん全ての方に必要なわけではありません。
炎症もなく骨量も十分で、条件的に問題なければ、予備治療が必要ない場合もあります。

予備治療

代表的な予備治療として3つご紹介致します。

*1つ目 歯周病を治す予備治療

そもそも歯を失った原因によっては、インプラント治療を不利にする状況がお口の中に生じていることが少なくなく、予備治療が必要になるケースは珍しくありません。
例えば、歯周病で歯を失った場合、その周りの歯にも大なり小なり歯周病の炎症が起きています。

そこで、まずは歯周病をしっかりと治療して炎症を止めなければなりません。
周りに細菌感染があると、インプラントを埋入してもその細菌がインプラントの周りの骨に感染しかねないです。感染してしまうと顎の骨とインプラント体は結合が上手くいかなくなってしまいます。

それゆれ、「歯周初期治療」にて歯にこびりついて炎症を起こしているプラークと歯石を取り除き、歯周病の炎症をとめる必要があります。
歯周初期治療だけでは取りきれないほど歯周ポケットが深くなり、奥まで汚れが入り込み炎症を進んでしまった場合は、「歯周外科治療」が必要になる場合もあります。
歯茎を切開し、奥深く隠れたプラークと歯石を徹底的に取り除いて炎症を止めます。

*2つ目 足りない骨をつくる予備治療

歯を失うほど歯周病が進行した方の顎の骨は、炎症によって減ってしまっています。ンプラントを安定させる為の骨が足りない場合は再生療法を行い、顎の骨を増やす必要があります。
再生療法とは骨造成(GBR)と呼ばれる人工骨や自家骨を足りない部分に足して、安着し安定するのを待ちます。
方法は症例により異なりますが、抜歯後の1ケ月後に処置をする場合やインプラント埋入と同時に行うなど様々です。

*3つ目 矯正治療が必要になる時もあります

インプラントは、一旦顎の骨と結合するとがっちり固定されて動きません。
インプラントを入れた後ではインプラントの部分の矯正治療が出来なくなってしまいます。
矯正治療希望の方は、インプラント治療前に必ずご相談下さい。

また、矯正を希望していないケースでも歯を失った後、長期に渡り放置してしまい、隣り合う歯や対合歯が伸びたり、倒れ込んでしまうケースもあります。
インプラントを入れるスペースが確保できない場合は、矯正治療にて倒れ込んだ歯を起こしたりする必要があります。
もしくは、矯正が出来ない場合は歯を削ったり、神経の治療をして被せ物にしたりする予備治療が必要になります。

⑤インプラントの埋入OPE

インプラント治療には、一次手術+二次手術と2回の手術を行う「2回法」と、1回の手術ですませる「1回法」があります。
2回法は、インプラント埋入後に一旦歯茎を閉じてインプラント体と顎の骨の結合を待ち、その後2度目の手術(2次OPE)をしてインプラントの頭を出し、アバットメントを取り付ける方法です。

それに対して、1回法はインプラント埋入と同時にアバットメントを取り付ける方法です。
手術が1度ですみ、2回法に比べて治療期間を短縮する事ができます。

1回法か2回法が適用されるケースかは事前の検査により治療計画のご説明を行います。
一般的には、適用症例が多いのは2回法です。
より慎重に治療を進めたい場合に用いられます。
前歯の審美治療、再生療法が必要な方、持病のある方、タバコを吸う方などは、通常2回法が適応されます。
1回法は、比較的治療条件のよいケースで選択されます。

どちらも手術時間は術前の消毒・血圧測定から術後の説明まで含めて約2時間程となります。
症例や本数により時間は前後します。
手術時間も予め、ご説明させていただきます。

インプラント手術の流れ 大阪市城東区 しぎの歯科

*下記からは2回法での治療の流れを記載させていただきます。

ⅰ 消毒と抜糸

術後は傷口の確認及び消毒が必要になります。
基本的には手術後の翌日に消毒にご来院頂きます。
感染の有無や腫れなどご確認させて頂きます。
問題なければ1~2週間開けて抜糸を行います。
万が一、感染や痛みの症状が強い場合は間隔を短くして消毒にご来院頂く場合もございます。

ⅱ 経過観察

処置後、1ケ月毎にレントゲンにて骨とインプラント体の結合を確認します。2回法にてOPEをしている場合はレントゲンにて2次OPEの時期を確定します。
*この期間は個人差がございます。

ⅲ 2次OPE

インプラントの頭を出し、アバットメントを取り付けます。
粘膜の治癒を待ちます。
*場合により、上部構造完成の前に仮歯を作製する場合もあります。

仮歯がある場合は、かみ合わせの修正や試適など行います。

ⅳ 上部構造の型取り・完成

型取りを行い、上部構造を作製し、装着します。

ⅴ 装着後、2週間~1ケ月後に経過観察

装着後、しっかり噛めているか、歯肉に炎症が起きていないかなど視診、レントゲン検査を行います。
問題がなければ定期メンテナンスとなります。

治療の様子 大阪市城東区 しぎの歯科

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はインプラントの治療の流れをお話させていただきました。

治療の流れはイメージできましたか?
患者様それぞれの口腔内の状態は異なりますので、治療内容や期間は異なる場合もあります。
インプラント治療開始前に、しっかりとした検査と診断を行い、事前に患者様の口腔内で対応できる治療方法・治療期間をご提案させていただきます。

次回は、「インプラント治療終了後の定期メンテナンス」のお話をさせて頂きます。
トラブルなく長く良い状態でインプラントを長持ちさせるにはどうしたらいいのか等を詳しくご紹介させて頂きますので次回もお楽しみにして下さいね。

インプラント治療について知りましょう!パート①

2024年2月20日

Learn about implants 大阪市城東区 しぎの歯科

前回に引き続き「インプラント」治療についてお話させて頂きますので是非、参考にしてみてくださいね。
今回は、インプラント治療を受ける前に是非、知っていただきたい事・患者様からよくある質問をまとめています。

インプラント治療に不適応なケースはありますか?

  • ・成長過程にある方
  • ・免疫不全症の方
  • ・抗がん剤で治療中に方
  • ・放射線治療法を受けている方
  • ・ホルモン療法を受けている方
  • ・チタンアレルギーがある方
  • ・骨粗しょう症治療薬を多量、長期にお使いの方
  • ・全身疾患の持病を良好な状態にコントロールできていない方

上記に該当する方は、インプラント治療に不適応な場合があります。
全身疾患のある患者様の場合は、歯科医師が主治医と連絡をとり、治療が可能かどうかを確
認して治療を進めさせて頂きます。

インプラントの寿命はどれくらいですか?

これまでに当院にて行ったインプラント治療においては、全体の90%~95%の患者様が、10年以上問題なくインプラントでお過ごしいただいています。

ただし、インプラントを長期にわたり維持する為には、術後のメンテナンスが必要不可欠となります。
上記の患者様は定期健診及び歯のクリーニングに通って頂き、インプラントのトラブルを未然に防いでいます。

なぜ、インプラント治療は長期間治療がかかるのでしょうか?

治療期間や日数はどのくらい?
インプラント治療は、インプラント体を埋入してから顎の骨に結合するまでに(多くの因子・条件に左右されますが)おおむね1~4か月かかります。
インプラントの改良により、この期間は徐々に短縮してきていますが、それでもこれだけの期間がかかるには訳があります。
インプラント治療は、チタン製のインプラント体と顎の骨がガッチリと結合してはじめて機能しますが、この結合は接着剤でつけたり部品をはめ込むのではなく、骨の生体反応によるものなのです。

つまり、インプラント治療を成功させるには、骨の自然治癒力を見守りじっくり待つことが不可欠です。
また、顎の骨にインプラント体が結合した後は、アバットメントや上部構造の作製が必要となります。
インプラント治療に期間がかかるのはそのためです。

治療期間や日数は治療内容や難易度によっても異なりますが、既に歯がない状態であれば3~5か月程となり、歯がまだ残っている状態でこれから抜歯するというのであれば、その倍くらいの期間がかかる可能性があります。

事前にCTにて検査を行い、実際の治療期間のご説明をさせて頂きます。

タバコを吸ってるけどインプラント治療はできますか?

喫煙はインプラント治療の大敵です。
喫煙は歯茎の治りを遅らせ感染のリスクを高めるばかりか、骨の結合を遅らせ治療の邪魔をします。
インプラント治療を決めたら是非、禁煙をして下さい。

しかし、「どうしても禁煙は難しい・・・」という方は最低でも術前2か月、術後2か月の4か月禁煙を頑張ってみてください。
インプラントを長く良い状態で維持する為にも大切な事となります。

インプラント手術中の痛みはありますか?

インプラントを埋め込む手術自体は、麻酔を行うので痛みを感じる事はほとんどありません。

しかし、歯科治療に対して恐怖がある方や、インプラント治療は受けたいけど怖い方は静脈内鎮静法という麻酔を行う場合もあります。
この方法を利用した患者様はほとんどの方が「気づいたら終わってた」とおっしゃいます。
基本的には局所麻酔にて手術を行いますが、患者様と事前カウンセリングを行い、柔軟にご要望にご対応できるようにしていますのでご安心下さいね。

dental treatment 大阪市城東区 しぎの歯科

手術後の痛みや腫れはありますか?

傷みの感じ方は個人差があるので一概には言えませんが、大半の方は術後1~2日ほど軽く痛む程度でしょう。
免疫応答が盛んな若い人は腫れやすいですが腫れが引くのも早く、年齢が高いほど腫れは少ない一方、腫れが引くのが遅くなります。

しかし、痛みが治まっていれば心配はいりません。
傷みが増すようでしたら、次回の予約までに受診をお願いしています。

手術後の食事はどうなるのですか?

手術当日から通常の食事をしていただく事ができますが、処置したところは傷口になってるため、食事は反対の歯で食べてください。
特に抜糸するまでの1~2週間は手術したところは絶対安静期間なので、出来る限り噛まないように注意してください。

なお、再生療法を受けた方は、歯茎で食べられる柔らかな食事をして下さい。
治療の成功にかかわる重要なお願いなので、しばらく不自由をお掛けしますがご協力お願いします。

インプラントが結合しなかったらどうしますか?

しっかり検査と診断、予備治療をしているのであれば、もし結合しなかった場合でも、早期に抜いて再治療をすることができます。
顎の骨の穴は数か月でもと通りに塞がりますので、それを待って再埋入を行います。
順調に結合が進むよう、「手術したとこで噛まない」、「タバコを禁煙する」などの注意事項をお守り下さい。

インプラントが壊れたらどうしますか?

インプラントの構造で一番壊れやすいのは、上部構造(被せ物)です。
インプラントで強く噛めるようになるうえ、天然歯の時にあった噛む力を感じる歯根膜がないため、噛む力の加減が働かず、上部構造が欠けたり割れたりしやすいのです。
上記のような場合は、インプラント体が壊れたわけではないので、上部構造だけの修理・交換で対応できますのでご安心下さい。

インプラントの費用や支払い方法について知りたいです。

インプラント治療の費用については、その術式や本数などより費用が異なります。
カウンセリングと検査を行い、正式な費用をご案内させていただいております。
また、支払い方法に関してはクレジットカードでの分割払い、当院提携のデンタルローンなども取り扱いをしておりますので、お支払い方法もご相談させて頂きます。

インプラントをしたいのですが相談は費用がかかりますか?

当院を初めて受診される患者様に無料のインプラント相談を実施しています。
事前にカウンセリングを行い、簡易の検査を行います。
(注意:インプラント以外の虫歯・歯周病などの検査は含まれません。)
簡易の検査により、インプラント治療の有無や術式や費用、期間などお答えさせて頂きます。更に詳しく全顎的に検査を行う際は、改めてご予約を取っていただき虫歯や歯周病検査をさせて頂きます。

また、既存の患者様にも同様にインプラント無料相談実施しております。
他院でインプラントを断られたなどインプラント治療でお悩みの方も、一度ご相談にご来院ください。
施術者、検査法、治療法等を違う視点から検討すると可能なケースも数多くあります。
もちろんインプラントが難しい症例もありますので、セカンドオピニオンやサードオピニオンを考えてみてはいかがでしょうか?

implant 大阪市城東区 しぎの歯科

まとめ

ここまでが患者様からよくある質問をまとめてみました。
皆さんが気になっていた・知りたかった質問はありましたか?
次回は、質問にあった内容なども踏まえて更に詳しくインプラント治療の流れについてご紹介させていただきます。
「どんなふうに治療が進むのか?」「どれくらい治療に時間がかかる?」などわかりやすくお話できればと思いますので、是非、次回もお楽しみにして下さいね。

抜歯後、欠損部の治療の選択肢について知りましょう!~インプラント編~

2024年2月5日

前回は「ブリッジ」をテーマにお話しさせて頂きました。
まだ読まれてない方は是非、そちらも読んでみて下さいね。
今回は、「インプラント」治療についてお話させて頂きますので是非、参考にしてみてくださいね。

そもそもインプラントとはどんな物でしょうか?

インプラントとは、厳密には人の身体に埋め込む人工物の事をいいます。
その中で、歯科治療に用いられるインプラントの事を【デンタルインプラント】と言いますが、歯科治療でのインプラントが一般的になっており、単にインプラントと呼ぶ事が多くなってきています。(以下、インプラントと記載致します。)

インプラント治療とは、歯を失った場所の顎骨に人工歯根(インプラント)を埋入し、これを土台として歯冠部や歯肉部への代替物を取り付けて、損なわれた咀嚼知能、審美、発音などを回復する治療方法の事を言います。

従来は、前回までにご紹介させていただいた「入れ歯」や「ブリッジ」治療が一般的でしたが、近年ではインプラント治療を希望される患者様が増えてきています。

では、インプラント治療はいつからあるのでしょうか?

紀元3世紀頃のローマ時代に上顎に鉄製のインプラントが埋まっている人骨が発見されていています。
また、紀元7世紀頃には下顎に貝で作られたインプラントが埋まっているのが中南米で発見されています。
実は、インプラント治療の歴史はとても古いのですが、確実な治療法になったのは比較的最近です。
1952年に金属のチタンを骨の中に埋めると骨とチタンが直接結合する事が発見され、1965年にスクリュー形状(ネジのような形状)のチタン製のインプラントの臨床応用が開始されました。

骨とチタンが結合するインプラントの登場により、インプラントの臨床成績は著しく向上しました。
世界的に知られるようになったのは、1980年代になってからです。
現在に至るまでにインプラントは様々な改良を加えられ、臨床成績が向上しています。

インプラントに用いられる材料はなんですか?

咬合力に耐えられる強度があり、生体親和性が高く、骨と直接結合する事ができる【チタン】又は【チタン合金】が現在のインプラントの主な材料です。
更に、インプラントと骨の結合を促進する目的で、インプラント表面に様々な改変したインプラントが用いられています。

「入れ歯」や「ブリッジ」と「インプラント」の違いはなんですか?

まず、大切なのは【入れ歯】【ブリッジ】【インプラント】は異なるカテゴリーの治療方法となります。
【入れ歯】、【ブリッジ】について詳しくは別ブログにてご紹介させて頂いています。

現在歯科治療においてインプラント治療は、その予知性や社会的認知の向上とともに、欠損補綴の重要な選択肢として急速に普及してきています。
患者様がインプラント治療を選択されるケースは以下の3つのパターンが多いです。

ブリッジ回避タイプ

ブリッジのご紹介でもありましたが、ブリッジを作製するにあたり、支台歯となる残存天然歯を削りたくない、また負担をかけたくないという症例では、インプラント治療は両隣の歯は削る必要がなく、インプラント完成後も歯の負担はそれぞれ分散させる事が可能になり、インプラントを希望されます。

入れ歯回避タイプ

入れ歯のご紹介でもありましたが、入れ歯の装着感や咀嚼能力、発音、味覚などに不満がある症例では、インプラント治療により固定式で脱着がなくなり、安定する事で咀嚼能力や発音、味覚などを回復する事が可能になります。
また、審美的にも改善ができるため、インプラントを希望されます。

入れ歯機能改善タイプ

入れ歯の不安定や入れ歯の下の粘膜の疼痛により、咀嚼能力が著しく低下している症例では、ブリッジやオーバーデンチャーの支台装置としてインプラントを利用する事で咀嚼能力の改善が可能になるため、インプラントを希望されます。

上記の点からインプラント治療のメリットは

  • *咀嚼能力・審美・発音の回復
  • *他の歯に負担をかけない
  • *固定式で脱着が不要

デメリットは

  • *保険治療が適応されず、保険外治療になる
  • *外科的処置が必要になる
  • *治療期間が長い
  • *骨の状態、お体の状態によりインプラントが制限される場合がある

等が挙げられます。

インプラント治療は埋入した骨にガッチリと結合し、自立するのがインプラントの特長。
他の歯に負担をかけない点では、代替えのない治療になっています。
ただし、欠点もあります。
もし、インプラント治療に興味があるなら、知識を得てじっくり検討してみて下さい。
どの治療を選ぶにせよ、後悔しない為に、まず知ることからはじめましょう。

インプラント治療をもっと知りましょう

インプラントと天然歯は何が違いますか?

失ったご自身の歯と遜色ないほどの「噛める力」を取り戻せるインプラント。
ただ、その独特な結合の仕方から、天然歯と比べていくつか弱点があります。

線維のバリアが存在しない

天然歯では、歯茎の内部に線維(糸状の長い組織)が伸びていて、歯と密接に絡みついています。この為、歯と歯茎の付着を強化するほかに、体内への細菌の侵入を防ぐバリアの役目も担います。
インプラントには、この線維のバリアが存在しません。
その為、インプラント周りの歯茎は細菌に弱く、「歯周病」になりやすいのです。

歯根膜のクッションが存在しない

天然歯には、歯の根と顎の骨の間に「歯根膜」があります。厚さ0.5mmにも満たないごく薄い組織ですが、伸び縮みする無数の線維が、歯の根と顎の骨を強固に結びつけ、クッションの役目を担います。
クッションがあることで、噛んだ時に様々な方向から生じる力を吸収・分散させ、過剰な力が骨に加わらないようにします。
また、噛んだ時にかたさや感触をセンサーのように感知して、無意識の内に噛む力を調節する機能もあります。
一方、インプラントは人工歯根(インプラント体)のチタンと顎の骨が直接結合しています。
クッションやセンサーの働きをする歯根膜が存在しないため、そのぶん過剰な力によりトラブルが起きやすいのです。

天然歯には、天然の防御機構があり、インプラントには、骨と直接結合している為に、防御機構がありません。

インプラントの構造を知ろう

天然歯とインプラントの違いはご理解できただしょうか?
では、次はインプラントの構造はどうなっているのでしょうか?
インプラントは「インプラント体」「アバットメント」「上部構造」の3つで出来ています。

「インプラント体」は、人工の歯根でチタン製。ネジのように顎骨に埋め込んで、1~4か月で顎骨とチタンが結合するのを待ちます。
「アバットメント」は、インプラント体と上部構造を連結させるパーツ。
「上部構造」は、人工の歯冠。アバットメントの上にネジや接着剤で固定します。
それぞれの役割で1本の歯の代わりとして咀嚼など行えるようになります。
上部構造をセメントで固定するタイプやネジで固定するタイプなど症例により異なります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「インプラント」についてお話をさせていただきました。
インプラントがどんな物かお解かりいただけましたでしょうか?
次回は、インプラント治療を受ける前に是非、知って頂きたいことや患者様からよくある質問にお答えさせていただきますので次回も楽しみにしていてくださいね。

抜歯後、欠損部の治療の選択肢について知りましょう!~ブリッジ編~

2024年1月22日

前回は「入れ歯」をテーマにお話しさせて頂きました。
まだ読まれてない方は是非、そちらも読んでみて下さいね。

今回は「ブリッジ」治療について、お話させて頂きますので、是非、参考にしてみてくださいね。

ブリッジってどんな治療?

欠損部の両隣の歯を大きく削り、その歯を土台(支台歯)に、欠損部にはダミーの歯(ポンティック)を置きます。

欠損部が1本であれば、支台歯とポンティックを連結した3本で一塊の被せ物(ブリッジ)を被せる治療方法です。この方法が一般的なブリッジの方法になりますが、特殊な形態のブリッジもあります。

ブリッジのメリット

  • *連結型の被せ物をかぶせて、ダミーの歯を設置するので、ブリッジが外れにくい
  • *入れ歯と異なり、取り外しの必要がない
  • *固定式の為、違和感が少ない
  • *保険内・保険外で種類が選択できる

ブリッジのデメリット

  • *被せ物を支える歯(支台歯)を大きく削らなければならないため、支えの歯の寿命を縮めるリスクがある
  • *支台歯となる両隣の歯に欠損部の負担もかかる
  • *両隣の歯の状態により、ブリッジができない症例もある
  • *取り外しができない為、欠損部(ポンティック)の部分の清掃が必要

患者様が気にされる質問と回答

Q.ブリッジは自分の歯と同じように噛めますか?

A.ブリッジは固定式の為に、入れ歯とは異なり、ご自身の歯と同じように噛むことができます。
しかし、入れ歯と比較するとしっかり噛めるので両隣の歯に負担がかかってしまいます。

Q.他の歯への負担はかかりますか?

A.例えば、1本歯を失った時にブリッジの治療法を選択されたとします。
そして、両隣の歯の状態が、虫歯にもなっていない健康な歯だったとします。

ブリッジの被せ物を被せる為に、健康な歯を大きく削ることになります。健康な歯を削る事で歯自体が弱くなってしまいます。
歯を守っている、硬い層のエナメル質を削ってしまう事で、神経を刺激してしまい、しみる症状や痛みがでる場合があり、その際は神経治療が必要になる事もあります。

神経を無事に残せたとしても、本来は3本それぞれにかかる力を分散していたのがダミーの歯にかかる力を両隣の歯(支台歯)にダミーの歯への力分の負担がかかってしまいます。

また、以前に神経の治療をしていて、既に銀歯が入っているなど、治療済みの際に「もう削っているしブリッジの治療でいいや」とブリッジ治療をされる時は、神経の治療をして、被せ物をしている時点で、歯は沢山削られている状態です。
そこから、更に、一旦被せ物を外して、再度歯を削ってから、ブリッジを作製していきます。そうなると、更に歯が弱くなってしまいます。

そして、ダミーの歯の負担分が両隣の歯(支台歯)にかかる時に、神経の治療をしている歯は神経の治療をしていない歯に比べて弱くなっているので、歯根破折を起こす可能性も高くなってしまいます。

多くの場合、歯根破折してしまうと、その歯も抜歯となり、更に歯を失ってしまう事になります。

また、ブリッジのデメリットの一つとして、清掃がとても大切になります。

入れ歯とは異なり、固定式で取り外しができません。

ダミーと歯茎の間は隙間があるので、そこに食べ物の残りや汚れが溜まりやすく、清掃を怠ると歯茎が炎症を起こしたり、ブリッジの隙間から汚れが入り込みます。被せ物の中で虫歯になってしまったり、汚れが残る事で歯周病が進行してしまい、支えている骨(歯槽骨)を溶かしてしまうなど、様々な事が起こる可能性があります。

元々歯を失った原因が破折やくいしばりであったとして、過剰な力がかかりやすい方は、ブリッジ治療を選択される際は夜間の負担軽減の為に、マウスピースの作製をおすすめいたします。

ブリッジの清掃のポイント

では、ブリッジの清掃はどのようにしたらいいのでしょうか?

① 歯ブラシの当て方

ダミーの歯(ポンティック)と被せ物と歯茎の間に、汚れが溜まりやすいのです。
歯ブラシの毛先を歯肉側に45度程傾けて、優しく歯ブラシをあてて下さい。

汚れを取ろうと無理に強く当ててしまうと、歯茎が下がる要因にもなってしますので注意してください。
歯ブラシは大きく動かさずに、歯を1本ずつ磨くイメージで細かく動かして下さい。

② 歯ブラシ以外の清掃用品の活用 ~スーパーフロス~

スーパーフロスとは、一般的なフロスとは違い、両端は「歯と歯の隙間」に通すためのもので、清掃は中央に膨らみのあるナイロン繊維部分(スポンジ部分)を使って行います。
歯ブラシや歯間ブラシが入らないところの清掃が可能となります。

使用方法は先端の部分をダミーの歯(ポンティック)の脇下に通し、スポンジ部分が真ん中にくるようにして、ダミーの歯(ポンティック)と歯肉の間を2.3回程往復させながら汚れを取り除きます。

最後は横から引き抜いて下さい。

③ 歯ブラシ以外の清掃用品の活用 ~歯間ブラシ~

歯間ブラシをダミーの歯(ポンティック)の脇下に通しダミーの歯(ポンティック)と歯肉の間を2.3回程往復して汚れを取り除きます。

歯間ブラシはスーパーフロスよりも簡単に扱えますが、ダミーの歯(ポンティック)と歯肉の間が狭い場合、汚れが残ったり、歯肉が傷ついてしまうことがありますので歯冠ブラシより、スーパーフロスの使用をお勧めします。

保険内と保険外でのブリッジの材質の種類

保険内でのブリッジでは歯の場所により、適応している材質が異なります。

保険内治療では、3番目までの前歯/ブリッジを支える4番目の歯/歯を失ったダミーの歯(ポンティック)と呼ばれる部分のみは、銀歯の表面に白いプラスチック(レジン)
を貼りつける事ができます。

硬質レジン前装冠といいます。

上記以外は銀歯(シルバークラウン)の被せ物になります。

硬質レジン前装冠のメリット・デメリット

メリット

*保険適用の為、比較的安価である
*表面は白い材質になる

デメリット

*色合わせに限界があり、変色も起こる
*歯垢が付着しやすく、汚れやすい
*角度により、裏側の金属が見える
*金属アレルギーを起こす場合がある

シルバークラウンのメリット・デメリット

メリット

  • *保険適用の為、比較的安価である

デメリット

  • *銀色が目立つ為、見た目に劣る
  • *銀歯の隙間から再び、虫歯になりやすい
  • *歯茎が黒く変色してしまうことがある
  • *金属アレルギーを起こる場合がある

保険外治療の場合は、材質の選択肢が増えます。
当院おすすめの材質ですと、セラミックの材質となります。

例えば、オールセラミックスの材質では、硬質レジン前装冠やシルバークラウンのデメリットにあった
・色合わせに限界がある
→様々な色調に対応している為、天然歯のような色調や透明感を再現できる。

・歯垢がつきやすく、変色が起こる
→汚れ、着色、傷がつきにくく、耐久性が強く変色の心配がない

・隙間ができやすく、再び虫歯になりやすい
→隙間ができにくく、虫歯になりにくい

など、デメリットを改善できる材質も取り揃えています。

欠損の場所や本数により、おすすめの材質もことなりますので、ブリッジ治療を選択される際は被せ物の材質についてもご相談させて頂きます。

ですが、一番大切なのは、保険内・保険外治療どちらのブリッジを選択して頂いたとしても、長く良い状態で使用していただく為には、日々の清掃に気をつけていただく事と日々の歯への負担を軽減する事がとても大切になります。

また定期的に歯科医院の受診でメンテナンスと併せて、ブリッジの状態をチェックさせていただく事もブリッジを長持ちさせる事にもつながります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は「ブリッジ」についてお話させて頂きました。
ブリッジといっても、入れ歯と同様に、欠損数や欠損の場所によって、形や種類が異なります。
基本的な1本歯を失い、かつ両隣に歯がある状態でのケースを挙げてお話をさせて頂きました。

次回は「インプラント」治療についてお話させて頂きます。
こちらも是非、参考にしてみてくださいね。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • お問い合わせ
  • WEB予約

ご予約・お問い合わせ 06-6968-8241

〒536-0014 大阪市城東区鴫野西3-6-26 鴫野ビル1F

このページの先頭に戻る