メニュー

しぎの歯科ブログ

Q&Aインフルエンザの予防に歯磨きが効果がありますか?(2018.01.18更新)
 インフルエンザ対策として「手洗い」「うがいの徹底」や「マスクの着用」などはよく耳にしますが、最近では「歯磨き・口腔ケア」による予防効果が期待されていることをご存知ですか?  私たちの口腔内はタンパ… ▼続きを読む

本年もお世話になりました.(2017.12.28更新)
12月27日の診療をもちまして,2017年度の診療を終了しました. 今年も当院に来院していただいた患者さま,そして,一緒に働いていただくスタッフと共に毎日が日々学びの気持ちで,トライアンドエラー… ▼続きを読む

Q&A 骨粗鬆症の治療薬が歯科治療に影響しますか?(2017.12.07更新)
 骨粗鬆症治療薬のBP剤は骨密度の低下を防ぐ重要なお薬ですが、抜歯などの傷をきっかけに顎の骨が壊死するという副作用をまれに起こします。 ですので、BP剤を服用している方は必ず申告し、どのくらいの期間… ▼続きを読む

Q&A妊娠中は歯周病治療は控えるべき?(2017.11.03更新)
歯周病にかかっている妊婦は早産(妊娠22~36週での出産)や低体重児出産(出生時体重が2,500g未満)のリスクが約7倍高くなるとの報告がでています。 歯周病になると、サイトカインという物質の血中濃… ▼続きを読む

Q&A 口臭の原因は何?(2017.11.02更新)
 口臭の原因は様々なものがありますが、口の中に原因があることが大半です。  口臭には生理的口臭と、病的口臭があります。 じつは口臭は誰でも多少はあるもので、健康な人にも軽い口臭があり、これを生… ▼続きを読む

Q&A妊娠すると歯周病になりやすい?(2017.10.29更新)
妊娠中期から後期(妊娠16週以降)になると、女性ホルモンの増加に伴い、歯ぐきの出血や発赤、腫脹が起きやすくなります。これは妊娠性歯肉炎と呼ばれています。 この歯肉炎は可逆性の炎症であり、出産とともに… ▼続きを読む

Q&A フッ素はからだに悪いの?(2017.10.06更新)
 歯科のフッ素利用はからだに悪い、という意見を聞くことがありますが、歯科のフッ素利用は長年の科学的根拠の蓄積によって安全なむし歯予防法として世界中で成果をあげています。  フッ素は土や水に含まれる天… ▼続きを読む

Q&A 高血圧は歯科治療にどんな影響がありますか?(2017.09.04更新)
 食事療法やお薬で血圧がコントロールできていれば基本的には、普通に歯科治療が受けられます。  しかし、高血圧の方は歯科治療に以下のような影響があるとされていますので、注意が必要です。 1.… ▼続きを読む

Q&A歯によい食べ物はありますか?(2017.09.04更新)
 歯の栄養には、カルシウムだけでなく、タンパク質、リン、ビタミンA・C・Dの栄養素を含む食品をバランス良くとることが大切です。カルシウム(ひじき、チーズ、しらすぼし)とリン(米、牛肉、豚肉、卵)は、歯… ▼続きを読む

Q&A歯磨き粉はいつから使うの?(2017.08.31更新)
 最近では市販の歯磨き粉のほとんどにフッ化物が含まれています。 フッ化物は虫歯予防に効果的なので、取り入れることを推奨しています。 しかし、歯磨き粉を使うことで泡立ちが良くなり爽快感が増えるため、… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME