メニュー

子供の歯Q&A

Q&A 外傷により歯がぬけたときの対応について(2018.04.01更新)
歯が抜けるケガは歯科分野の外傷の中でも特に緊急性の高いものです。永久歯が抜けてしまった場合、元の場所へ植え治す時間が短いほど元に戻る可能性が高まります。できるだけ早めの歯科医院への受診をお勧めします。… ▼続きを読む

Q&A妊娠中は歯周病治療は控えるべき?(2017.11.03更新)
歯周病にかかっている妊婦は早産(妊娠22~36週での出産)や低体重児出産(出生時体重が2,500g未満)のリスクが約7倍高くなるとの報告がでています。 歯周病になると、サイトカインという物質の血中濃… ▼続きを読む

Q&A歯によい食べ物はありますか?(2017.09.04更新)
 歯の栄養には、カルシウムだけでなく、タンパク質、リン、ビタミンA・C・Dの栄養素を含む食品をバランス良くとることが大切です。カルシウム(ひじき、チーズ、しらすぼし)とリン(米、牛肉、豚肉、卵)は、歯… ▼続きを読む

Q&A歯磨き粉はいつから使うの?(2017.08.31更新)
 最近では市販の歯磨き粉のほとんどにフッ化物が含まれています。 フッ化物は虫歯予防に効果的なので、取り入れることを推奨しています。 しかし、歯磨き粉を使うことで泡立ちが良くなり爽快感が増えるため、… ▼続きを読む

Q&A ⑫ 大人の歯に生え変わったら注意することは?(2016.12.05更新)
生えたての永久歯のエナメル質は軟らかく、むし歯になりやすい状態です。 大人になるにつれ、歯は唾液に含まれるカルシウムや歯磨き剤のフッ素によって硬くなっていきますが、それ以前にむし歯にしてしまわないこ… ▼続きを読む

Q&A⑪ むし歯になってしまったら削って治すしかないのですか?(2016.10.17更新)
早期に発見できれば、生活習慣の改善、歯磨きやおやつの回数の改善で進行を止めることができる場合もあります。 削って詰めるという治療は、本来それが手遅れになったときの治療法なのです。   … ▼続きを読む

Q&A⑩ フッ素入りの歯みがき剤を使えば歯磨きが不十分でもむし歯になりませんか?(2016.09.26更新)
歯みがき剤にフッ素が入り、むし歯罹患率が減ったというデータが日本だけでなく他の多くの国々でも認められているそうです。 ただし、だからといってフッ素入りの歯みがき剤さえ使っていれば歯磨きが適当でもむし… ▼続きを読む

Q&A⑨ 歯磨きの時に歯磨き剤を使った方がいいのですか?(2016.08.29更新)
現在、国内で販売されている歯磨き剤のほとんどにフッ素が入っており、むし歯予防に役立っています。   ひと昔前の歯磨き剤では香味や発泡性が強く、みがけていなくても、みがいた気分になり丁寧な… ▼続きを読む

Q&A⑧ むし歯は止まったり、治ったりするのですか?(2016.06.27更新)
穴が開いてしまったら難しいですが、Q&A⑥でご説明した“むし歯になりかけの歯”の段階なら止めることができることがあり、うまくいけば健全歯に戻すこともできます。   むし歯には進行の遅い慢… ▼続きを読む

Q&A⑦ 妊娠中でも歯科治療はうけれるのでしょうか?(2016.06.07更新)
妊娠中は,原則的には歯科治療を受けて悪い時期というのはありません,ただし,妊娠初期はつわりがひどかったり流産の危険もあるので,一時的な処置で止めておくのが一般的です.また,妊娠後期では仰向けで治療を受… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME