メニュー

予防について

Q&Aインフルエンザの予防に歯磨きが効果がありますか?(2018.01.18更新)
 インフルエンザ対策として「手洗い」「うがいの徹底」や「マスクの着用」などはよく耳にしますが、最近では「歯磨き・口腔ケア」による予防効果が期待されていることをご存知ですか?  私たちの口腔内はタンパ… ▼続きを読む

Q&A妊娠すると歯周病になりやすい?(2017.10.29更新)
妊娠中期から後期(妊娠16週以降)になると、女性ホルモンの増加に伴い、歯ぐきの出血や発赤、腫脹が起きやすくなります。これは妊娠性歯肉炎と呼ばれています。 この歯肉炎は可逆性の炎症であり、出産とともに… ▼続きを読む

Q&A フッ素はからだに悪いの?(2017.10.06更新)
 歯科のフッ素利用はからだに悪い、という意見を聞くことがありますが、歯科のフッ素利用は長年の科学的根拠の蓄積によって安全なむし歯予防法として世界中で成果をあげています。  フッ素は土や水に含まれる天… ▼続きを読む

ハード面とソフト面(2017.01.19更新)
先週末に いつも,お世話になっております. 箕面市で開業されている 医療法人スマイル会 よしだ歯科さんの   リニューアル内覧会に家族で行かせていただきました.   … ▼続きを読む

医院見学に行かせていただきました.(2017.01.19更新)
去年の11月に 10年前より,親しくさせていただいています.   京都市で開業されている ほりべ歯科クリニックさんへ 見学に行かせていただきました.   院長の堀部先… ▼続きを読む

Q&A ⑫ 大人の歯に生え変わったら注意することは?(2016.12.05更新)
生えたての永久歯のエナメル質は軟らかく、むし歯になりやすい状態です。 大人になるにつれ、歯は唾液に含まれるカルシウムや歯磨き剤のフッ素によって硬くなっていきますが、それ以前にむし歯にしてしまわないこ… ▼続きを読む

Q&A⑩ フッ素入りの歯みがき剤を使えば歯磨きが不十分でもむし歯になりませんか?(2016.09.26更新)
歯みがき剤にフッ素が入り、むし歯罹患率が減ったというデータが日本だけでなく他の多くの国々でも認められているそうです。 ただし、だからといってフッ素入りの歯みがき剤さえ使っていれば歯磨きが適当でもむし… ▼続きを読む

Q&A⑨ 歯磨きの時に歯磨き剤を使った方がいいのですか?(2016.08.29更新)
現在、国内で販売されている歯磨き剤のほとんどにフッ素が入っており、むし歯予防に役立っています。   ひと昔前の歯磨き剤では香味や発泡性が強く、みがけていなくても、みがいた気分になり丁寧な… ▼続きを読む

Q&A⑦ 妊娠中でも歯科治療はうけれるのでしょうか?(2016.06.07更新)
妊娠中は,原則的には歯科治療を受けて悪い時期というのはありません,ただし,妊娠初期はつわりがひどかったり流産の危険もあるので,一時的な処置で止めておくのが一般的です.また,妊娠後期では仰向けで治療を受… ▼続きを読む

Q&A⑥ むし歯になりかけの歯があるのですがどうしたらいいですか?(2016.05.10更新)
まず、むし歯になりかけの歯とは、視診ではあきらかなむし歯の穴は確認できないけれど、白濁や白斑、着色がみられ、放置すると削る治療が必要なむし歯に進行すると考えられる状態の歯のことです。 この状態の歯は… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME