メニュー

しぎの歯科ブログ

メンテナンスで白さ長持ち(2019.05.10更新)
歯の色の後戻りの速さは食事や歯みがきなどによって個人差があります。日ごろから歯みがきを頑張って頂き、定期的にメンテナンスを受けて頂くと白さが長持ちします。歯の健康維持のためにもぜひ受けてくださいね。… ▼続きを読む

ホワイトニングについて(2019.04.19更新)
ホワイトニングは、歯科医院でするオフィスホワイトニングとご自宅でするホームホワイトニングの2種類があります。 オフィスホワイトニングは、歯科医師の管理のもと行うので安心して受けられることや、数回で効… ▼続きを読む

なぜ歯医者さんでホワイトニング?(2019.04.15更新)
最近では日本でも,海外の薬剤が手軽に入手できるようになってきました.トレーを使う本格的なものからシール状のものまで色々あるようです. その中で今,問題になっているのは   自己流のホワ… ▼続きを読む

酸っぱい物にも要注意!(2019.03.29更新)
皆さん、日頃虫歯にならないように気を付けていることはございますか? 歯磨きを欠かさない、砂糖や糖分に気を付けるなど、様々に心掛けていらっしゃるとは思いますが、 実は、酸っぱい物、酸性飲食物も歯… ▼続きを読む

酸蝕症の原因は?(2019.03.22更新)
酸蝕症の原因として「胃酸の口への逆流」が注目されています。 胃酸の逆流は、炭酸飲料やすっぱい物の食べすぎ・飲みすぎが代表的な因子です。 また、拒食症や過食症等の摂食障害による持続性の嘔吐と酸蝕症の… ▼続きを読む

酸蝕症について(2019.03.15更新)
酸蝕症は4人に1人がかかっている病気です。 酸蝕症とは、歯に胃酸や酸性の飲食物が繰り返し触れることで 起きる病気です。 歯は酸が苦手で酸に触れると化学反応を起こし溶けてしまいます。 そ… ▼続きを読む

悪い歯ぎしりから歯を守るためには?(2019.03.08更新)
歯を壊す原因の一つである歯ぎしりには早めに対策をとることが大切です。 歯ぎしりによる被害を防ぐ治療として、もっともポピュラーなのは… マウスピースを使う方法です! 就寝時にマウスピースを装着し、… ▼続きを読む

食いしばり、歯ぎしりについて(2019.03.01更新)
歯ぎしりによってかかる力が歯にかかると、 歯が傷んでしまうだけでなく詰め物がはずれたりと様々なトラブルがおきやすくなります。 また、朝起きると顎が痛い。 上顎の真ん中あたりや下顎の歯の内側の… ▼続きを読む

歯ぎしりの影響(2019.02.22更新)
すり減り→知覚過敏、かみ合わせの変化につながります。 ヒビ→知覚過敏、虫歯の原因になります。 歯の根っこの先が圧迫されて炎症を起こしやすくなります。 顎の骨が隆起して外骨症になります。 このよ… ▼続きを読む

歯の健康を損ねるリスクについて(2019.02.15更新)
細菌が引き起こす被害の虫歯・歯周病。 過剰な力が引き起こす被害の歯ぎしり。 上記の2大リスクが重なるとさらに被害が大きくなってしまいます。 歯ぎしりは本来、大切なストレスコントロール機能でス… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME