メニュー

しぎの歯科ブログ

悪い歯ぎしりから歯を守るためには?(2019.03.08更新)
歯を壊す原因の一つである歯ぎしりには早めに対策をとることが大切です。 歯ぎしりによる被害を防ぐ治療として、もっともポピュラーなのは… マウスピースを使う方法です! 就寝時にマウスピースを装着し、力のかかりかたを整えて歯や顎を守ります。 また、良い噛み合わせをつくる矯正治療は、悪い歯ぎしりを 良い歯ぎしりに変える根本的な改善策です。 被せ物が取れたり、詰めていた物が取れてしまうのは悪い歯ぎしりが原因かもしれません。 歯ぎしりのことでお悩みなら気軽にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME