抜歯後、欠損部の治療の選択肢について知りましょう!~ブリッジ編~

診療時間
月・火・水10:00 13:0014:00 18:30
木・土09:00 12:0013:00 17:30
10:00 13:0015:00 18:30
ご予約・お問い合わせ 06-6968-8241
京橋駅・鴫野駅 徒歩8分
24時間受付 初診専用 WEB予約
お問い合わせ
キービジュアル

抜歯後、欠損部の治療の選択肢について知りましょう!~ブリッジ編~

2024年1月22日

前回は「入れ歯」をテーマにお話しさせて頂きました。
まだ読まれてない方は是非、そちらも読んでみて下さいね。

今回は「ブリッジ」治療について、お話させて頂きますので、是非、参考にしてみてくださいね。

ブリッジってどんな治療?

欠損部の両隣の歯を大きく削り、その歯を土台(支台歯)に、欠損部にはダミーの歯(ポンティック)を置きます。

欠損部が1本であれば、支台歯とポンティックを連結した3本で一塊の被せ物(ブリッジ)を被せる治療方法です。この方法が一般的なブリッジの方法になりますが、特殊な形態のブリッジもあります。

ブリッジのメリット

  • *連結型の被せ物をかぶせて、ダミーの歯を設置するので、ブリッジが外れにくい
  • *入れ歯と異なり、取り外しの必要がない
  • *固定式の為、違和感が少ない
  • *保険内・保険外で種類が選択できる

ブリッジのデメリット

  • *被せ物を支える歯(支台歯)を大きく削らなければならないため、支えの歯の寿命を縮めるリスクがある
  • *支台歯となる両隣の歯に欠損部の負担もかかる
  • *両隣の歯の状態により、ブリッジができない症例もある
  • *取り外しができない為、欠損部(ポンティック)の部分の清掃が必要

患者様が気にされる質問と回答

Q.ブリッジは自分の歯と同じように噛めますか?

A.ブリッジは固定式の為に、入れ歯とは異なり、ご自身の歯と同じように噛むことができます。
しかし、入れ歯と比較するとしっかり噛めるので両隣の歯に負担がかかってしまいます。

Q.他の歯への負担はかかりますか?

A.例えば、1本歯を失った時にブリッジの治療法を選択されたとします。
そして、両隣の歯の状態が、虫歯にもなっていない健康な歯だったとします。

ブリッジの被せ物を被せる為に、健康な歯を大きく削ることになります。健康な歯を削る事で歯自体が弱くなってしまいます。
歯を守っている、硬い層のエナメル質を削ってしまう事で、神経を刺激してしまい、しみる症状や痛みがでる場合があり、その際は神経治療が必要になる事もあります。

神経を無事に残せたとしても、本来は3本それぞれにかかる力を分散していたのがダミーの歯にかかる力を両隣の歯(支台歯)にダミーの歯への力分の負担がかかってしまいます。

また、以前に神経の治療をしていて、既に銀歯が入っているなど、治療済みの際に「もう削っているしブリッジの治療でいいや」とブリッジ治療をされる時は、神経の治療をして、被せ物をしている時点で、歯は沢山削られている状態です。
そこから、更に、一旦被せ物を外して、再度歯を削ってから、ブリッジを作製していきます。そうなると、更に歯が弱くなってしまいます。

そして、ダミーの歯の負担分が両隣の歯(支台歯)にかかる時に、神経の治療をしている歯は神経の治療をしていない歯に比べて弱くなっているので、歯根破折を起こす可能性も高くなってしまいます。

多くの場合、歯根破折してしまうと、その歯も抜歯となり、更に歯を失ってしまう事になります。

また、ブリッジのデメリットの一つとして、清掃がとても大切になります。

入れ歯とは異なり、固定式で取り外しができません。

ダミーと歯茎の間は隙間があるので、そこに食べ物の残りや汚れが溜まりやすく、清掃を怠ると歯茎が炎症を起こしたり、ブリッジの隙間から汚れが入り込みます。被せ物の中で虫歯になってしまったり、汚れが残る事で歯周病が進行してしまい、支えている骨(歯槽骨)を溶かしてしまうなど、様々な事が起こる可能性があります。

元々歯を失った原因が破折やくいしばりであったとして、過剰な力がかかりやすい方は、ブリッジ治療を選択される際は夜間の負担軽減の為に、マウスピースの作製をおすすめいたします。

ブリッジの清掃のポイント

では、ブリッジの清掃はどのようにしたらいいのでしょうか?

① 歯ブラシの当て方

ダミーの歯(ポンティック)と被せ物と歯茎の間に、汚れが溜まりやすいのです。
歯ブラシの毛先を歯肉側に45度程傾けて、優しく歯ブラシをあてて下さい。

汚れを取ろうと無理に強く当ててしまうと、歯茎が下がる要因にもなってしますので注意してください。
歯ブラシは大きく動かさずに、歯を1本ずつ磨くイメージで細かく動かして下さい。

② 歯ブラシ以外の清掃用品の活用 ~スーパーフロス~

スーパーフロスとは、一般的なフロスとは違い、両端は「歯と歯の隙間」に通すためのもので、清掃は中央に膨らみのあるナイロン繊維部分(スポンジ部分)を使って行います。
歯ブラシや歯間ブラシが入らないところの清掃が可能となります。

使用方法は先端の部分をダミーの歯(ポンティック)の脇下に通し、スポンジ部分が真ん中にくるようにして、ダミーの歯(ポンティック)と歯肉の間を2.3回程往復させながら汚れを取り除きます。

最後は横から引き抜いて下さい。

③ 歯ブラシ以外の清掃用品の活用 ~歯間ブラシ~

歯間ブラシをダミーの歯(ポンティック)の脇下に通しダミーの歯(ポンティック)と歯肉の間を2.3回程往復して汚れを取り除きます。

歯間ブラシはスーパーフロスよりも簡単に扱えますが、ダミーの歯(ポンティック)と歯肉の間が狭い場合、汚れが残ったり、歯肉が傷ついてしまうことがありますので歯冠ブラシより、スーパーフロスの使用をお勧めします。

保険内と保険外でのブリッジの材質の種類

保険内でのブリッジでは歯の場所により、適応している材質が異なります。

保険内治療では、3番目までの前歯/ブリッジを支える4番目の歯/歯を失ったダミーの歯(ポンティック)と呼ばれる部分のみは、銀歯の表面に白いプラスチック(レジン)
を貼りつける事ができます。

硬質レジン前装冠といいます。

上記以外は銀歯(シルバークラウン)の被せ物になります。

硬質レジン前装冠のメリット・デメリット

メリット

*保険適用の為、比較的安価である
*表面は白い材質になる

デメリット

*色合わせに限界があり、変色も起こる
*歯垢が付着しやすく、汚れやすい
*角度により、裏側の金属が見える
*金属アレルギーを起こす場合がある

シルバークラウンのメリット・デメリット

メリット

  • *保険適用の為、比較的安価である

デメリット

  • *銀色が目立つ為、見た目に劣る
  • *銀歯の隙間から再び、虫歯になりやすい
  • *歯茎が黒く変色してしまうことがある
  • *金属アレルギーを起こる場合がある

保険外治療の場合は、材質の選択肢が増えます。
当院おすすめの材質ですと、セラミックの材質となります。

例えば、オールセラミックスの材質では、硬質レジン前装冠やシルバークラウンのデメリットにあった
・色合わせに限界がある
→様々な色調に対応している為、天然歯のような色調や透明感を再現できる。

・歯垢がつきやすく、変色が起こる
→汚れ、着色、傷がつきにくく、耐久性が強く変色の心配がない

・隙間ができやすく、再び虫歯になりやすい
→隙間ができにくく、虫歯になりにくい

など、デメリットを改善できる材質も取り揃えています。

欠損の場所や本数により、おすすめの材質もことなりますので、ブリッジ治療を選択される際は被せ物の材質についてもご相談させて頂きます。

ですが、一番大切なのは、保険内・保険外治療どちらのブリッジを選択して頂いたとしても、長く良い状態で使用していただく為には、日々の清掃に気をつけていただく事と日々の歯への負担を軽減する事がとても大切になります。

また定期的に歯科医院の受診でメンテナンスと併せて、ブリッジの状態をチェックさせていただく事もブリッジを長持ちさせる事にもつながります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は「ブリッジ」についてお話させて頂きました。
ブリッジといっても、入れ歯と同様に、欠損数や欠損の場所によって、形や種類が異なります。
基本的な1本歯を失い、かつ両隣に歯がある状態でのケースを挙げてお話をさせて頂きました。

次回は「インプラント」治療についてお話させて頂きます。
こちらも是非、参考にしてみてくださいね。

歯がなくなったらどうなるの?

2023年12月21日

歯周病や虫歯、事故などで歯を失ってしまった方で、そのままに放置されている方はいらっしゃいませんか?

前歯だと見た目の問題もあり、すぐに治療に進まれる方は多くいらっしゃいますが、奥歯だと「1本ないだけでご飯を食べるのに困らないし、このままでいいや」「前歯と違って見えないし、このままでいいや」と治療を見送っていませんか?

もしくは、治療の相談はしたけどどの治療にしたらいいのかわからずそのまま見送っていませんか?

そのまま長期間放置されると、歯が無くなった場所に、周りの歯が倒れてきたり、飛び出てきたりして、いざ治療をしたい時に障害になる事もあります。歯が抜けた場所の放置は危険です。

今回は歯が抜けた場所を放置すると、どんな事が起こるかを中心にお話させていただきます。

永久歯の歯の本数って何本かご存じでしょうか?

親知らずの歯を除く上下14本ずつ、合計28本の歯が全て揃っている状態が理想的な状態です。(先天欠損、矯正治療の為の抜歯を除く)
親知らずの歯は本来必要のない歯の為、抜歯をした時や生えていない状態でも問題はありません。
乳歯は抜けても永久歯に生え変わりますが(先天欠損は除く)、永久歯が抜けてしまうと歯は生え変わりません。

そして、前歯には物を噛みきる為の形をしていますし、奥歯は物をすりつぶす形をしています。
それぞれの歯が正しい場所で、28本の歯がそれぞれ力を分散して噛むことが、歯を長持ちさせる上でとても重要なポイントになります。
例えば、どこか噛めない、歯がない所があると、そこの仕事を他の歯が負担する事になるので、その分その歯に過剰な負担がかかり、歯の寿命が短くなってしまいます。

今、ご自身の歯は全部で何本あるでしょうか?

そもそも歯を失う3つの理由とは

歯を失う原因は、大きく分けて3つあります。

  • ・歯周病
  • ・虫歯
  • ・歯の破折

この3つが原因で歯を失う事になります。
上記以外では、先天性欠如により生まれつき歯のない場所をそのまま放置されている方も多いです。

歯周病や虫歯については予防やきちんと治療する事で歯を失う事は防いでいけますが、怖いのは「破折」です。
破折は、事故による外傷によるものもあれば、神経を除去した歯に起きやすいです。神経を除去すると、血流が遮断され、歯がもろくなってしまうためです。
そのため、神経の除去が必要な虫歯にならないように、虫歯予防する事が破折の予防にも繋がります。

歯ぎしりやかみしめをしてしまう方も歯へ負担がかかります。前回の顎関節症でもお話させていただいた、マウスピースを夜間装着して歯への負担を軽減する事も予防になりますね。

歯が抜けたまま放置すると、どんな事が起こりますか?

空いたスペースに周りの歯が動いてきてしまいます!

  • ・隣の歯が倒れる
  • ・向かいの歯が飛び出る
  • ・歯並び全体が乱れる

何故、歯は動いてしまうのでしょうか?不思議ですね。
周りの歯が倒れたり、飛び出たり、全体の歯並びが乱れるには理由があります。

歯は、それ単体で今の位置に並んでいるわけではありません。唇、頬、舌からの力、隣り合う・噛み合う歯からの力、噛んだ時の力、姿勢やお口の癖による力等、「外部から加わる力のバランスが取れる位置」に並んでいます。なので、この力の均衡が崩れてしまうと、歯の動き、歯並びも乱れ始めてしまいます。
歯がなくなってしまった場所があると、そのスピードは加速してしまいます。

では、わかりやすい例え話ですが、アーチ構造のブロックの橋を想像してください。
ブロックが互いに釣り合うように並んでバランスを保っています。

しかし、そこからブロックが1つなくなってしまうと、ブロックにかかる力のバランスが崩れてしまい、橋全体の崩落につながってしまいます。
歯も同様に、奥歯を1本失って放置してしまうと、歯が抜けたところは噛みにくいので、無意識に反対側で噛むようになり、歯への力のかかり方も偏ってしまいます。
そうすると、アーチ構造の橋からブロックが1つなくなったように、歯並び全体に影響を与え、かみ合わせを変化させてしまいます。

そうした変化は、歯の破折や顎関節症のリスクを高めたり、歯周病で顎の骨が失われつつある歯に無理な力がかかると、歯周病が悪化してしまうこともあります。 また、歯並びやかみ合わせの変化は、食生活にも影響します。
歯が抜けたところは、噛みにくいため、よく噛まないでも食べられるやわらかい食品を選ぶようになりがちです。
やわらかい食品は糖質が多い、つまり、炭水化物や砂糖の多い高カロリーな食品です。
それらを食べ続けると、虫歯にもなりやすく、メタボや糖尿病などの生活習慣病にもなりかねません。

食生活の乱れは全身の健康にも悪い影響が及びます。

歯が動いてしまった後の治療の妨げになってしまいます!

いざ、歯がなくなった場所を治療したくなった時に、隣の歯が倒れていたり、向かいの歯が飛び出していると「ブリッジや入れ歯、インプラントを入れたい」となった時に、人工歯を入れるスペースがないので、治療の妨げになってしまいます。

歯の位置を元に戻すために矯正治療をしたり、矯正を選択しない場合は歯を余分に削ったりする場合もあります。
つまり、歯を補う治療を先延ばしにしていたために、さらなる治療が必要になってしまいます。

歯が無い場所の骨はやせてしまう?!

歯は歯槽骨と呼ばれる骨で支えられています。
歯が抜けてしまうと、残された歯槽骨も少しずつ無くなってしまいます。
骨が少なっていく事を「骨吸収」と呼びます。

例えば、筋肉で例える、と筋トレやスポーツなどしていて筋肉がついている状態から筋トレもスポーツも辞めてしまうと筋肉は衰えてしまいます。
人間の体は、使われない部分は衰えてしまうという性質を持っています。
抜けたままの歯を放置しておくと、歯槽骨には力がかからず、少しずつ骨は衰え、骨吸収が起こります。

また、歯が倒れてくるとその周りの顎の骨が減り、歯周ポケットができます。
倒れた分、歯磨きがしにくくなり、歯周ポケットのせいで歯周病のリスクも高くなります。

これ以上歯を失わないためにできる事

ここまでお話してきたように、歯を失った場所を長期間放置すると、歯を補う治療の妨げになり、矯正治療などさらなる治療が必要になったり、歯並び全体に影響してきたりと予期せぬ事態が起こる可能性があります。
歯を失ってしまったら、速やかに歯科医院を受診していただき、相談をしていただき歯を補う治療を考えていくのがよいでしょう。
そして、虫歯や歯周病を予防して、これ以上、歯を失わないようにしていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はなくなった歯を放置すると起こる事を中心にお話をさせていただきました。
もしも、今歯がなくなったまま、治療を先延ばしにしている方がいらっしゃいましたらまずはどんな治療ができるのかを是非、ご相談してください。

もしかすると、どんな治療ができるのか「わからない」・「イメージができない」などで先延ばしにされているかもしれませんね。
では、歯を補う方法はどんなものがあるのでしょうか?
次回は、歯を補う方法をご紹介させていただきます。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • お問い合わせ
  • WEB予約

ご予約・お問い合わせ 06-6968-8241

〒536-0014 大阪市城東区鴫野西3-6-26 鴫野ビル1F

このページの先頭に戻る