プレオルソってどんなもの?パート②

診療時間
月・火・水10:00 13:0014:00 18:30
木・土09:00 12:0013:00 17:30
10:00 13:0015:00 18:30
ご予約・お問い合わせ 06-6968-8241
京橋駅・鴫野駅 徒歩8分
24時間受付 初診専用 WEB予約
お問い合わせ
キービジュアル

プレオルソってどんなもの?パート②

2024年5月27日

プレオルソをくわえている子ども

前回は歯並びと悪い癖についてご紹介させて頂きました。

まだ読んでいない方は是非、そちらも読んでみてくださいね。

今回は本題のプレオルソについて詳しくご紹介させていただきます。

「プレオルソ」とは?

「プレオルソ」は、現役の歯科医師(矯正専門)が開発した取り外しのできる【マウスピース式矯正装置】です。

永久歯に生え変わる前に使うと効果が高いと言われています。

 

特徴その① 柔らかく、取り外しができるマウスピース式

→マウスピース式なので、取り外しができ、柔らかく、安心・安全に治療に取り組んでいただけます。食事の時や歯磨きの時に装置を外せるので虫歯の心配が少なく、痛みが出た時等にて使用を一時的に中断することもできます。

特徴その② 学校に持っていく必要はありません

→プレオルソは、家にいる時に(約1時間)と寝る時に使用します。

学校では普段通りに過ごして頂けます。

自宅で行うため、紛失の心配もありません。

特徴その③ 口呼吸を鼻呼吸へ促します

→プレオルソは、歯並びだけではなく、お口周りの筋肉の機能を改善する訓練を同時に行うことが可能です。

「お口ポカン」の改善にも効果があります。

小児(10歳頃まで)のうちに口呼吸を鼻呼吸へ促し、お口周りの筋肉のバランスを整えることは、将来の歯並びや子供の成長発育にとてもいい影響があると言われています。

プレオルソ

プレオルソはⅠ期治療 予防矯正です。

歯列矯正治療は、年齢によってⅠ期治療とⅡ期治療に分かれています。

Ⅰ期治療(全ての歯が永久歯に生え変わる前の矯正)をすることで、将来歯並びに多くのいい影響を及ぼすと言われています。

プレオルソを使用することで

  • 歯並びの予防になる
  • お口ポカンの改善になる
  • 歯並びの改善になる
  • 口呼吸から鼻呼吸になる
  • 舌癖の予防になる

また、Ⅱ期治療=本格矯正(永久歯歯列 11歳頃~)を希望される場合にも、Ⅰ期治療をしておくと【治療期間が短くなる】.【矯正の為に歯を抜かなくてすむ】などの大きなメリットがあります

 

1年間でかかる費用は、全てあわせて84,700円(税込)です

当院では、事前検査・治療計画・マウスピース矯正装置、そして矯正開始後1年間の矯正検診を、税込み84,700円でご提供しています。(保険適応外)

矯正治療を開始してから1年が経過した時点で、継続するか否かを患者さんと一緒に検討します。

歯並びが整い、矯正治療を終える場合には、原則マウスピースをご返却いただいて終了となります。

もっと歯を動かすためにプレオルソを継続する場合、1年単位で更新となります。

84,700円(税込)の内訳について

内訳 金額
検査・診断料 (矯正専門医による精密検査) 16,500円(税込)
矯正装置 49,500円(税込)
調整料(1年間) 18,700円(税込)

 

1年使用後、継続する場合 装置交換を行います。

その際は、装置代49,500円+調整代18,700円(1年間)を追加させていただきます。

治療費用が抑えられる理由とは?

従来の矯正治療と比べると費用が抑えられているのは何故でしょうか?

答えは、既製品のマウスピースを使用するからです。

プレオルソは3種類の既製品のマウスピースから、患者さんのお口の状態に応じたものを使用するため、患者さん一人一人に応じた装置の作製などが必要なく、従来の矯正装置に比べ治療費用を抑えることが可能です。

既製品と聞くと、お子さんの口にしっかり合うのかな?と疑問を持たれる方もいらっしゃるとかと思いますが、マウスピースはお湯で形を変えられる素材であるため、お子さんのお口に合わせて矯正装置を調整することが可能です。

当院では、お子さんの歯並びのお悩みを解決し、小さい頃から健康なお口を維持していただきたい思いから、費用面においても出来る限りの努力を続け、プレオルソによる矯正治療を受けていただけやすい環境作りを大切にしています。

では、プレオルソは実際にどのように使用するのでしょうか?

*日中起きている時に1時間プレオルソをつけていただきます

ポイント① 装置を正しい位置に入れて、必ずお口を閉じて、鼻呼吸をしてください

ポイント② 唾液が沢山でますが、装置を出さずに唾液をしっかり飲み込みましょう

ポイント③ 装置を入れた状態でお話をしてみましょう

ポイント③ 装置を入れた状態で、奥歯でしっかりグッグッとかみ込んでください

 

注意:装置を入れた状態で横にギリギリ歯ぎしりはしないでください!

 

お口を閉じている間は、矯正の力が働くのとお口周りの筋肉のトレーニングになります。

おしゃべりすると舌のトレーニングと正しいしゃべり方のトレーニングになります。

 

*就寝時はプレオルソをつけていただきます

ポイント① 装置を正しい位置に入れて、口元にテープを貼ってください

 

注意:寝ている間に装置が口からでないようにしてください

プレオルソの正しい使い方のイメージ

プレオルソのQ&A

Q:プレオルソは何歳くらいまでできますか?

A:プレオルソは、前歯の永久歯が生え揃ってくる小学校前後から、10歳くらいまでのお子さんに適した治療方法です。

お子さんの歯並びが気になり始めたら、出来る限り早い相談をおすすめします

*症例や年齢により、プレオルソでは治療が難しいケースもあります。

 

Q:治療期間はどのくらいですか

A:歯の移動は、動きやすいお子さんと動きにくいお子さんがいらっしゃるため、一概に期間を提示することは難しいものの、1年~1年半が目安となります。

早い方では2か月も経つと、しっかり変化がわかります

 

Q:治療中の注意点や日頃のお手入れは?

A:治療中は、毎日10時間(就寝中8~9時間+日中1~2時間程度)を基本にマウスピースを装着していただきます。

マウスピース装着前は必ず歯磨きをしてから装着してください。

マウスピースは外した後は水道水または中性洗剤などで洗浄していただき、清潔に保ってください。

 

Q:84,700円以外に費用はかかりませんか

A:矯正治療を1年で終了する場合、税込84,700円以外費用はかかりません。

ただし、矯正装置紛失や破損してしまった場合は別途費用が必要になる事をご了承ください。

 

Q:プレオルソのデメリットはありますか

A:取り外し式なのできちんと装着時間を守られないと効果が出ない場合があります。

また、プレオルソで全ての症例に対応ができない場合もあります。

装置の紛失や破損した場合に別途費用がかかる場合もあります。

実際の患者様の歯並びの変化 (受け口・歯並び治療)

実際の患者様の歯並びの変化 (受け口・歯並び治療)

反対咬合にお悩みの患者さんでしたが、治療開始から約3か月後には正常な咬合になりました。上顎の歯並びも、だんだんと綺麗なアーチに近づいてきていますね

*規定時間装置装着を怠ると効果を得られない場合もあります。

*お費用 84,700円(税込)

 

いかがでしたでしょうか?

今回はプレオルソについて詳しくご紹介させていただきました。

次回はプレオルソと一緒にしていただきたいトレーニングについて詳しくご紹介させていただきます。

遊び感覚でできるものもありますのでご家族一緒にトレーニングしてみてはいかがでしょうか

プレオルソをしっかり日中1時間と就寝時の使用に+トレーニングを行う事でプレオルソの効果を1番発揮できます。

プレオルソご希望の方は、まずお子様がプレオルソ対象なのかご相談を承っております。

お気軽にお電話お待ちしております。

プレオルソってどんなもの?パート①

2024年4月27日

今回は小学生までの新しい矯正治療についてご紹介させて頂きます。

皆さん矯正って聞くとワイヤーを付けた矯正や最近では目立ちにくいマウスピース矯正などを想像されるかと思います。

しかし、子供の歯並びは気になるし治してあげたいけど、矯正治療は費用面などから悩ましい場合や、お子様本人がちゃんと装置をきちんと装着できるか等ご心配な事も多々あるかと思います。

 

子供の矯正=小児矯正にも様々な種類はありますが、今回は【プレオルソ】についてご紹介させていただきますのでご参考にしてみてくださいね。

今回はプレオルソ以外にも、歯並びにとってとても重要な癖の話なども含めて3回にわけて投稿させていただきます。

まずは、そもそも歯は何故その位置に生えているのでしょうか?

 

現在のお子様の歯並びはたまたまなった訳ではなく、原因があって今の歯並びをしています。

綺麗な歯並びの人はたまたま運よく綺麗な歯並びになったわけではありません。

では、歯並びはどのように決まるのでしょうか?歯の周りの筋肉の使い方によって決まります。

歯は硬い物なので、歯自体は勝手に動きません。では、どうやって動くのかというと、歯の周りにある筋肉は歯に作用することで歯が動いていきます。歯はお口の外側からの力=「唇の力とほっぺの力」と、内側からの力=「舌の力」が押し合って、ちょうどいい場所に並んでいます。

この力がとても重要です。

例えば、近年のお子様に多い口呼吸をしていると唇の力が歯にかからないので、出っ歯の原因になってしまいます。お口が開いた状態(お口ポカン)が続くと、唇・舌・ほっぺの筋肉が弱くなったり、力のバランスがくずれやすくなります。

綺麗な歯の位置=歯並びにとってはあまり良いこととは言えません。いつもお口は閉じるように注意しましょう。

お口を閉じると同じくらい大切なのが舌の位置です。

皆さん、今舌はどの位置にありますか?

実は舌にはお口を閉じた時の正しい位置があります。舌は上顎についている状態が正しい位置です。この舌の先の正しい位置の事を【スポット】と言います。

では何故、舌の先がスポットにつくといいのでしょうか?

歯並びは舌の形と同じように並ぶからです。舌がスポットについていないと、先程の歯の内側からの力がかからない為、ほっぺの力で歯並びが狭くなってしまいます。

しかし、現代人の多くはスポットについておらずに舌が下がった状態で生活している人が多いです。

その理由は、昔と比べて硬い物を食べなくなったせいで、舌の筋力が弱っているからです。舌が自然と上がらずに下顎の中におさまってしまいます。

そうなると、上顎は狭くなり、下顎は広がって上下バランスが崩れて歯並びが悪くなります。つまり、舌の位置が大きく歯並びに関係しています。

わかりやすい例ですと、舌が前歯の裏側についている人は、上顎前突いわゆる出っ歯になりやすいです。

また、下の前歯の裏側に舌の先がついている人は受け口になりやすいです。

また、最近のお子様に多い舌の癖では、舌突出癖があります。舌の先を上下の歯の間に差し込む癖のことです。

こういう人は、オープンバイトといって上下の歯で噛んだ時に上下の前歯の間に隙間ができてしまう歯並びになってしまいます。

このように普段意識していない内に舌の位置によって歯並びが悪くなってしまう可能性があります。

 

せっかく矯正を頑張ってもお口ポカンや舌の悪い癖があるとまた元の良くない歯並びの戻ってしまします。

お子様にお口ポカンや舌の癖がないか確認していただき、癖がある時は改善できるように意識してみましょう。

 

歯並びに悪い癖ってなんでしょうか?

先ほどのお口ポカン・舌の癖以外で歯並びに悪い癖はなにがあるでしょうか?

頬づえ

手が顎や歯を押しているので、顎や歯の形が悪くなってしまいます

 

うつぶせ寝・横向き寝

枕が顎や歯を押しているので、顎や歯の形が悪くなってしまします

 

唇を噛む

前歯が内側に押されたり、上の前歯と下の前歯の間に隙間ができたりします。

 

上記のような癖がお子様にはございませんか?

もし該当する癖があればせっかく矯正を頑張っても悪い癖が矯正の邪魔をしてしまいます。

まずは、悪い癖を治す事も意識してみてください。

 

口呼吸と鼻呼吸について考えてみましょう

お子様は口呼吸をしていませんか?

口と鼻にはそれぞれ役割があります。口は言葉を話したり、食事をします。そして、鼻は呼吸するところです。

鼻でご飯はたべませんよね。そうです。口呼吸をしている場合は間違った呼吸法なので注意が必要です。

実は上下の唇が少しでも開いていたら、それはもう口呼吸をしています。

では何故、口呼吸がいけないのでしょうか?

【体中の病気の原因になる可能性がある】

口呼吸をしていると、外の空気をそのまま吸い込んでしまいます。

汚れやウイルスも直接体の中へ入ってきます。その為、風邪や病気になりやすくなります。でも、鼻で呼吸すると、外の空気が体の中に入る前に、鼻の中で空気の汚れやウイルスを捕まえてくれたり、冷たい空気を温めてくれたりします。

なので、外の空気は体に優しい状態になってから体の中に入ります。

 

*空気中の有害物質が体内に入る

→ウイルス感染やアレルギーを起こしやすくなる

*唾液が減り、お口の中が乾燥する

→虫歯や歯周病のリスクが大きくなる

*お口ポカンの状態が続くと口の周りの筋力が低下する

→歯並びが悪くなる

ここまでご紹介させていただいた内容はこの後登場するプレオルソと深い関係があるお話です。

それでは、本題のプレオルソについてお話していきます。

 

プレオルソと悪い癖との関係とは

4歳~10歳位までの子供を対象とした、マウスピース型の矯正装置の事を【プレオルソ】と言います。

通常のワイヤー矯正ですとワイヤーで歯に力を加えて歯を動かすとイメージされるかたが多いと思います。

プレオルソは全く異なる方法で歯を動かしていきます。

それこそが、先ほどご紹介させて頂いた歯並びを悪くしている原因である口周りの筋力のバランスを調整し、本来の正常な機能を獲得し、「間接的に」歯が正しい位置に並ぶように導く装置です。

プレオルソ+お口の筋肉のトレーニングが必要になります。

  • プレオルソを装着したら口をしっかり閉じる

→装置が口から出ないように上下の唇をしっかり閉じてもらいます。

そうする事でお口周りの筋肉がトレーニングされます。

また、口をとじるので自然と鼻呼吸することもできます。

  • プレオルソはスポット専用の形をしています

→プレオルソには舌をスポットにつける為のスペースがあり、舌を自然とスポットにつけるトレーニングもできます。

また。舌の悪い癖がある子もスポットの専用スペースに舌があるので歯並びに悪影響を及ぼす事を防げます。

 

上記のように根本的な原因をトレーニングする事で悪い癖を治して、矯正後の後戻りの可能性を低くする事ができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、プレオルソのご紹介の前に知っていただきたかった歯並びの話と悪い癖についてご紹介させて頂きました。

お子様に該当する癖などありましたか?

今はあっても大丈夫です。これからプレオルソやお口のトレーニングを行い、改善する事は出来ます!

まず、今すぐできる事であればお口ポカンをしてたり、唇を噛んでいたりご家族の方が気づいてあげられる事はお子様に伝えてあげましょう。

それでは次回は、プレオルソについて詳しくご紹介させていただきますので次回もお楽しみにしていて下さいね。

矯正の重要性

2014年10月8日

先週の土曜日は

 

所属していますスタディ−グループの歯庵の

 

定例会に参加させていただきました。

 

2名の先生が発表され、症例を通じて、

学ばせていただきました。

 

今回は特別ゲストとして、普段も矯正治療でも提携させていただいております

 

京橋矯正歯科クリニックの永木恵美子先生も

 

ご講演され、勉強させて頂きました。

矯正の世界のエキスパートとして、

多くの歯並び、及び、審美的な、精神的、機能的なお悩みを

長い時間をかけて解決されている先生から出る言葉は

 

多くの文献に基づく、自分の臨床と確かな規準を踏まえて治療を提供されており、

水準の高さあらわされていました。

また、それと共に歯周病、歯科補綴、ウ蝕など併発した疾患を

矯正歯科だけではなかなか満足いく治療は難しく

 

連携の重要性を問われており、

 

自分自身もその通りだと思っています。

 

審美的なケースでも

矯正の必要性がなければ

長期的な予後に不安の残る場合も多くあります。

 

もちろん、費用、期間、みための部分など

 

解決する問題も多いですが

 

患者さんのお悩みに何が一番、必要か

問題点は何か

 

広い視野をもって、これからも

 

診断、治療計画に力をいれていきます。

 

定例会終了後、懇親会では、歯庵の立ち上げられた先生方と永木先生が同級生ということもあり、昔話に花をさかされておりました。歯庵の先輩方のように自分も同期の仲間と共に成長出来るように進んでいきたいと思います。

 

10403423_502316633204879_2792306585650018153_n-300x225

歯列矯正ブログ始めます

2014年7月29日

しぎの歯科が発信する歯の矯正に関するブログです。今後歯並びの治療についての内容は『歯列矯正について』のカテゴリーにブログを更新していきます。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • お問い合わせ
  • WEB予約

ご予約・お問い合わせ 06-6968-8241

〒536-0014 大阪市城東区鴫野西3-6-26 鴫野ビル1F

このページの先頭に戻る