メニュー

矯正歯科

矯正歯科とは

矯正歯科と一口に言っても、歯が生え揃うスペースを確保する矯正、歯並びを整える矯正、受け口を治す矯正など、その種類はさまざまです。当院では、患者さんのお悩みに応じ、最適な治療方法をご提案しています。

kakudai歯が生え揃うスペースの確保

6歳〜9歳頃に行う、将来歯列が乱れるリスクを事前に軽減させる矯正治療です。子供さんの理解を十分に得る必要があり、まずは慣れることが大切です。

malti永久歯の歯列矯正

永久歯がある程度生え揃った子供さんや成人の方の歯列を整える矯正治療です。治療中の見た目に配慮し、歯の裏側に装着する矯正装置もあります。

ukeguchiimg受け口の治療

噛んだ時、下の前歯が上の前歯よりも前に出る受け口(反対咬合)も、矯正治療によって治療します。

術前(写真上)の状態から、ブラケットを装着し治療を行うことで(写真下)、正常咬合へと導きます。

矯正歯科は、人によっては矯正に適さないケースもあったり、思っている以上に治療期間が必要な場合も少なくありません。一生ものの矯正治療を後悔のない治療とするため、矯正専門医としっかりと相談し、治療方針を考えることが大切です。

矯正専門医による診断と治療

矯正専門医-鈴木智子

当院では、大学病院にも所属する矯正歯科学会認定歯科医師による診断と治療を行っています。

子供さんから大人まで幅広い層の治療はもちろん、大学病院レベルの難症例もこなす歯科医師が、おひとりおひとりに合った最適な治療をご提案します。お気軽にご相談ください。

矯正歯科Q&A

Q 矯正治療はいつから始めるのがよいでしょうか

A 矯正を始めるのに最適な時期は、矯正の目的によって異なります。

当院では、以下を目安としてご案内しています。

  • 受け口を治す: できるだけ早期に
  • 歯列が並ぶスペースを作る: 小学校入学前から低学年
  • 成長期にあわせて歯列を整える: 小学校高学年頃から
  • 成長期を終えてから歯列を整える: 高校生以降頃から

子供さんの矯正の場合、もっとも重要なのは本人のモチベーションです。矯正治療はある程度早めに始めた方が有利であることに間違いないですが、親御さんの意思だけではなく、子供さん本人の「やりたい!」という意思も大切です。

Q 矯正治療はどのくらいの期間がかかりますか

A 矯正の目的、年齢により幅がありますが、子供さんの場合は矯正を開始した時点から成長期をある程度終える時期までが多く、大人の場合は個人差はあるものの、2年〜3年の場合が多くなっています。

Q 大人になってからも矯正はできますか

A 今日では、成人の方でも矯正治療が可能なケースがほとんどです。気になった時点でまずはご相談にお越しください。

Q 矯正治療の流れを教えてください

A 矯正治療は、専門医による相談(無料・要予約)を行ったうえで、矯正検査(有料)を受診いただきます。

矯正治療の開始が決まったら、装置を装着する前に、初期治療として虫歯・歯周病をしっかりと治療し、お口のコンディションを整えたうえで矯正装置を装着します。

装着後は1ヶ月毎に装置の調整を行いながら矯正を続け、歯列や咬合の改善後、装置の取り外し、クリーニングを行い、後戻りを防止するリテーナーを装着します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME