メニュー

根管治療(神経治療)

神経を残すことを第一に考える

xray

神経は残すに超したことはありません。なぜなら、神経を取ってしまうと歯に栄養が供給されなくなるため、歯がもろくなり、将来的に歯が割れてしまうリスクが高くなるためです。言い換えれば、神経を温存することができれば、将来歯が残る可能性は高くなります。

当院では、レントゲンや削った時の状態、そして経験則により、出来る限り神経を残せる方法を模索し、最善の治療を患者さんにご提案します。

神経を取らざるを得ないケースとは

_DFR0673

「冷たいものがしみる」、「噛んだ時に痛い」などの外部刺激に誘因されて起こる痛み(誘因痛)は、痛みが誘因される原因をシャットアウトすることで症状を抑えることができるため、神経を残せる可能性が十分にあります。

しかし、何もしなくてもズキズキと痛む場合(自発痛)、神経が炎症を起こしており、神経を取らざるを得ないケースが多く見られます。

また、虫歯が大きく、神経に近いところまで及んでいる場合、神経を残すことで痛みや不快感が残ってしまうケースもあります。このような場合には、患者さんに十分なご説明とご相談を行ったうえで、患者さんのご意向に沿った最善の対処を検討します。

しぎの歯科の神経治療

神経を取る場合には、比較的多く歯を削らなければなりません。歯は一度削ると元には戻らないため、神経を取った後は別の素材で補う(被せ物をする)ことになりますが、小さな虫歯の治療に比べ、歯への負担はどうしても大きくなってしまいます。

また、神経を取ることで歯がもろくなってしまうため、出来る限り安定した素材の被せ物を装着することが歯の長持ちに繋がります。

しぎの歯科では、神経の治療が必要な場合には、レントゲンや口腔内カメラを用いてしっかりと状況を説明しながら治療を進めるとともに、被せ物の素材についても保険診療・自由診療のすべての素材のメリット・デメリットをご説明し、患者さんご納得のもとで治療を進めてまいります。

また、噛み合わせにより歯が割れてしまう可能性もあるため、くいしばりや咬合力が強い方においては、プロテクションスプリート(歯の負担を軽減する道具)を用い、出来る限りの安定を保つサポートを行っています。

神経を残した場合は、定期検診でしっかりチェック

ギリギリで神経を残すことが出来たものの、治療後に痛みなどの自覚症状が出ないまま、歯の中で神経が壊死してしまうケースがゼロではありません。このような状態に気づかず放置してしまうと、歯の根の先にうみがたまり、予後が悪くなってしまいます。

このようなことにならないためにも、レントゲンで定期的に治療箇所を確認することが大切です。もしレントゲン上で黒い影(うみ)が確認できる場合には、自覚症状がなくても治療に入ることが必要です。

なにより、神経治療を検討しなくても良いように、毎日のブラッシングや定期検診をしっかりと習慣化し、常に健康なお口を維持することをお勧めします。

_DFR0448

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME