メニュー

インプラント

インプラント治療とは

失った歯の代わりの機能を担うインプラントは、自分の歯と見分けがつかないほどに自然な外観、力強く噛むことができる心地良さなどから、希望される方が増えている治療法です。

また、ブリッジや差し歯などは、残っている他の歯に負担をかけて維持する仕組みですが、インプラントは歯を失った箇所にもともとの歯のように埋め込むため、残っている他の歯の負担をかけることがありません。これは、残っている歯が将来的に残る確率の向上にも繋がります。

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

インプラント

implant

顎の骨に土台を埋め、その上にセラミックなどで作成した人工の歯を装着します。

抜歯と同程度の外科処置が必要であり、事前の検査と診断が不可欠です。また、治療後の定期検診も欠かせません。

 

入れ歯

denture

数本分の場合には違和感が少なく、糖尿病などで外科処置が難しい場合でも対応することが可能です。毎日取り外して清潔に洗浄する必要があり、手入れを怠ると臭いの原因となります。

 

 

ブリッジ

bridge

両隣の歯を削り、繋がった被せ物を固定します。装着後は取り外す必要がなく、違和感なく噛める反面、掃除がしにくく、両隣の歯への負担も大きく、他の歯の犠牲を伴うことが避けられません。

 

 

 

安全で安心なインプラント治療のために

これまで一部メディアなどでインプラントの安全性について疑問を投げかけるケースが見受けられましたが、インプラントは安全に治療を行うことができる、技術的にも確立した治療法です。

インプラントに限らず、歯科治療を行う上で安全確認を怠ったり、技術が追いついていないドクターが治療を行えば、患者さんを危険に晒す可能性が生じることは当然です。

しぎの歯科では、歯科用X線CTやインプラント手術支援システムをはじめとする設備はもちろん、インプラント専修医を持つドクターが治療を行うなど、安全に治療をできる環境を整えたうえでインプラント治療を行っています。必要以上にご心配されることなく、安心してご来院ください。

インプラント治療の流れとポイント

① 検査・診断

インプラント手術を行う前には、歯科用X線CTを用いての骨の状態、噛み合わせの状態、お口の中の状態、清掃状況を検査・診断することはもちろん、必要に応じての模型作製や、患者さんの性格的にインプラント治療に適するか適さないかも判断します。

歯科用XCTによる検査

手術前のシミュレーションや治療計画の作成に正確な情報は欠かせないことから、インプラント手術を行う際にはCT撮影が必須です。当院では歯科用X線CT装置を活用し、骨の厚みや血管の距離などを詳しく検査します。また当院では歯科用X線CT装置を院内に導入しており、いつでも必要なタイミングで撮影することが可能です。

② 治療説明・費用説明

撮影したCT画像をはじめとするすべての検査・診断情報をもとに治療計画を作成し、インプラント治療の内容や費用概算をご説明します。

患者さんが安心してインプラント治療を受けていただけるよう、ご希望に応じてセカンドカウンセリングや診療後の個別相談を行い、ご納得・ご安心いただけるまで詳細にご説明いたします。

③ 初期治療(虫歯・歯周病治療、噛み合わせを安定させる治療など)

インプラント治療後の感染リスクを下げるために、インプラント治療を行う前にはお口の中を少しでも清潔な状態にしておくことが必要です。とくに歯周病などの初期治療を終えた状態が好ましいため、インプラント治療前には必要な治療を終えておきます。

また、事前に噛み合わせを最適な位置に戻す必要もあるため、ケースバイケースで咬合治療も行います。

④ インプラント埋入手術(1時間程度)

_T4A0045

検査・診断に基づく治療計画・シミュレーションをもとに、インプラント専修医である院長舩戸が責任を持って手術を行います。

また当院では、詳細なシミュレーション結果をもとに的確な埋入位置をガイドする「インプラント手術支援システム」による手術も可能です。

なお、手術は本数が3本以下であれば1時間弱で終了します。手術中に痛みを感じることはほとんどありません。

インプラント手術支援システム
(ビオナ コンピューターガイドインプラント)

歯科用X線CTの情報をもとに、より詳細な手術シミュレーションを行うことが可能です。
また、シミュレーションで予定した安全な場所へ確実にインプラントを埋入できる「ガイド」を作成することで、シミュレーション通りに手術を進めることができます。
これらのシステムを活用することでヒューマンエラーを回避し、経験則だけに頼らない安心のインプラント治療を行っています。

⑤ 経過観察(3ヶ月〜6ヶ月)

埋入手術後、インプラントと骨の状態が安定するまでには3ヶ月〜6ヶ月程度かかります。

手術直後は歯科医師の指示どおりに、必要量のお薬の服薬と消毒にお越し下さい。また経過観察の期間中は患部の状態を確認するため、定期的に検診にお越し下さい。

⑥ インプラント上部構造取り付け

_T4A0057手術からおおむね3〜6ヶ月経過後、インプラントと骨が安定した状態を確認したうえで上部構造を取り付けます。

最初は噛みにくさを感じることもあるかもしれませんが、徐々に慣れてきますのでご安心ください。

⑦ 定期検診

術後のインプラントトラブルは、その多くの場合がメンテナンス・清掃不足によるものです。そのため、インプラント治療を受けられた患者さんは定期検診でのメンテナンスを欠かすことができません。

定期検診・メンテナンスは歯科衛生士が中心となって行いますが、当院の歯科衛生士はインプラント治療をされた患者さんのお口の状態をしっかりとコントロールできる知識と技術を有しています。

体調・病歴・持病による治療制限について

インプラント治療を安全に行うためには、患者さんの体の状態を的確に把握しておく必要があります。以下の内容にお心あたりのある方は、必ず治療前にお申し出ください。

  • 心臓病、肝臓病、腎臓病、糖尿病、高血圧、その他内科的な疾患のある方
  • アレルギー(金属など)を有する方
  • 骨粗鬆症の改善薬(とくにBP系製剤)を服用中の方

上記は代表的な例であり、他にも患者さんのかかりつけ医師と連携を取る必要がある場合もあります。問診時には正確にお答えいただくようお願い致します。

また、体調・病歴・持病等によりインプラント治療が難しい場合、入れ歯(超精密義歯(BPS))による治療も有効です。

インプラントQ&A

Q インプラント治療の期間や日数はどのくらいですか?

A 治療内容や難易度によっても違いますが、既に歯がない状態であれば3~5ヶ月です。歯がまだ残っている状態でこれから抜歯するというのであれば、その倍くらいの期間がかかる可能性が高いです。

Q インプラント手術にはどの程度の時間がかかりますか?

A インプラント埋入手術は、早い方であれば10分〜20分で終了します。

Q インプラント治療は痛いですか?腫れますか?

A インプラントを埋め込む治療自体は麻酔を行うので痛みはありません。術後の状態次第では、何日かは腫れとお痛みがじんわりと続く場合があります。治療の難易度や、個人の感じ方でも差があります。

Q 歯は削りたくないけど、インプラントは恐いです。

A 治療自体に痛みはなく、技術的にも確立された治療ですので、過度の心配をお持ちいただく必要はないかと思います。

また、歯のトラブルや欠損は、神経を取ったり、治療で歯を削ったことに起因するケースも数多く見受けられます。インプラント治療は、削っていない綺麗な歯を触る必要がなく、歯が残る可能性が高くなることから、歯を削りたくない気持ちを最優先にされることが良いかと思います。

Q 手術後も食事はできますか?

A 手術当日から通常の食事をしていただくことができます。

Q インプラントは何年くらいもつのですか?

A これまで当院で行ったインプラント治療においては、全体の90%〜95%程度の患者さんが、10年以上問題なくインプラントでお過ごしいただいています。

インプラントを長期間にわたり維持するためには、術後のメンテナンスが欠かせません。インプラント治療を受けられた患者さんは、必ず定期検診にお越し下さい。

Q インプラント費用を教えてください。

A インプラント治療は、その術式や埋入本数などによって費用が異なるため、検査を行ったうえで正式な費用をご案内しています。

Q 分割払いは可能でしょうか?

A はい、可能です。クレジットでの分割払い、当院提携のデンタルローンなどによる分割払いに対応しております。

Q 保障の制度はありますか?

A はい、ございます。インプラント治療をされた方には保障制度カードをお渡ししておりますので、大切に保管してください。

Q 将来のメンテナンスに保険はききますか?

A 現状では、慢性疾患である歯周病に関し、歯肉の炎症を治すことを目的としたメンテナンスと、ポケットが4mm以上の方への定期的な管理・維持に保険制度が導入されていますが、これ以外の健康な方のメンテナンスは基本的に保険適用外になります。

Q 他の医院で一度インプラントを断られたのですが・・・。

施術者、視点、検査法、治療法、などを違う視点から検討すると可能なケースは数多くあります。もちろんインプラント治療が難しい症例もありますので、セカンドオピニオンやサードオピニオンは必要と思います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME