メニュー

一般歯科(虫歯・歯周病など)

しぎの歯科の一般歯科治療

歯のトラブルの多くは「虫歯」「歯周病」「噛み合わせ」が原因です。まずはトラブルの原因を特定するため、出来る限り詳しい検査を行い、十分なカウンセリング時間を設けて原因や治療方法をご説明します。また当院では、患者さんに治療内容をご納得いただいたうえで実際の治療を行います。

担当制による安心の治療

_DFR1935

初診から治療完了まで一人のドクターが責任を持って治療する「担当制」を採用し、「いつもの先生による安心の治療」を提供できる体制を整えています。

出来る限り歯を残す治療

_T4A0066

大切なご自身の歯は、一度削ったり抜いたりすると、二度と元通りには戻りません。治療が必要な場合には、出来る限りご自身の歯を残す治療を心がけています。

画像・映像を用いた丁寧な説明

_DFR0506

患者さんの実際のお口の写真を使ったカウンセリング、患部の状態をディスプレイで確認できる口腔内カメラなどを活用し、わかりやすく丁寧な治療説明に努めています。

麻酔時の痛みへの配慮

_DFR0494

麻酔の前には表面麻酔を行うため、注射のチクッとする痛みを感じることはほとんどありません。治療全般においても、出来る限り痛みを軽減する治療を心がけています。

拡大鏡を用いた精巧な治療

_DFR0491

患部を大きく拡大しながら治療することで、細部までしっかりと確認しながら、肉眼の治療では難しい精巧な治療を行っています。

虫歯治療を受診される方へ

虫歯の治療によって歯を削る場合、治療後は詰め物や被せ物によって患部をふさぐ必要があります。詰め物や被せ物は保険診療の場合はレジンや金属、自由診療の場合はセラミックなど多数の選択肢がありますが、それぞれの素材にメリット・デメリット双方が存在します。

当院では、考えられる選択肢をすべてを十分にご説明したうえで、使用する詰め物や被せ物を、患者さんのご要望を最優先にしながら一緒に検討いたします。

虫歯治療の主な被せ物・詰め物

硬質レジン(保険診療)

_DFR0719

前歯の治療で用いる、プラスチック製の白い被せ物・詰め物です。保険適用のため比較的安価に治療できますが、経年とともに変色を避けることができません。

金属(銀歯)(保険診療)

_DFR0709

奥歯の治療で用いる、金属製の被せ物・詰め物です。こちらも保険適用のため比較的安価に治療できますが、お口を開けた時などには、銀色が目立ってしまいます。

 

審美治療でよりよい虫歯治療を実現する

保険治療で認められた被せ物・詰め物のほか、審美性・機能性・耐久性・安全性などに優れ、金属アレルギーの心配もない「セラミック」などの素材を用いる「審美治療」もお選びいただけます。
詳しくは審美治療のページをご覧ください。

ba2

>審美治療を詳しく見る

虫歯は自力では治せません

dental1

 虫歯は進行すると、歯の中にある神経に刺激を加えます。歯の中から発生している痛みなので、自力で治すことは不可能です。

しばらく痛みを我慢すると、スッと痛みがひくこともありますが、これは歯の中の神経が壊死して感覚がなくなってしまった可能性が高く、決して良い状態ではありません。

歯の違和感に気づいたら、できるだけ早く歯科医院を受診してください。また、虫歯にならないために普段からチェックすることも大切です。年に1〜2回は定期検診を受診するよう心がけてください。

虫歯の治療では、神経の治療を伴うケースも数多くあります。

歯の痛みにお悩みの方は、神経治療のページもご覧ください。

>根管治療(神経治療)を詳しく見る

その症状、歯周病かもしれません

早期の歯周病は自覚症状がほとんどないため、歯茎が腫れたり、歯がグラグラするなどの症状が出るまで気づかない方がほとんどです。しかし、30代以降においては、歯周病と診断される人はおよそ80%にものぼります。

dental2

歯周病は歯を支える骨を溶かしていく恐ろしい病気です。進行すると歯が抜け落ちてしまいます。

患者さんには決して後悔してほしくない、だからこそ私たちは患者さんのお口の中をしっかりとチェックし、初期の段階で歯周病の進行をストップさせるべくサポートを行います。

大切な歯を失わないためにも日常から歯周病に注意し、歯周病かもしれないと思ったときは、できる限り早く歯科医院を受診しましょう。

  • 歯周病の主な症状

 こんな症状が気になった時は、できるだけ早くご相談ください。

 歯茎の腫れ / 歯ブラシ時の出血 / 口臭 / 歯茎の下がり・やせ

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME