メニュー

当院の治療

最高の歯科医療を目指して

① 丁寧なカウンセリング

初診時のレントゲンや各種検査項目結果をもとに治療計画表を作成し、治療内容を詳しくご説明します。
また、より詳しい説明をご希望の患者さんには、セカンドカウンセリングや診療時間後の個別カウンセリングを実施し、ご納得いただいたうえで治療にあたっています。

 ② 治療の見える化

  • 口腔内カメラ
    お口の中をディスプレイに映し出す口腔内カメラを用い、患部の状態や次に行う処置の内容などを、患者さんと一緒に確認しながら治療を進めます。
  • 位相差顕微鏡による口腔内細菌チェック
    歯周病などの原因となる口腔内細菌。しぎの歯科では初診時に位相差顕微鏡を用いて口腔内の細菌量や種類を確認し、患者さんの口内環境を確認しています。

 

 ③ 拡大鏡を用いた精巧な治療

当院では、歯科医師・歯科衛生士全員が拡大鏡を用いて治療・メンテナンスを行っています。拡大鏡を使うと、患部を拡大して細部まで確認できるため、肉眼では難しい細かな治療が実現し、治療の仕上がりに差が出ます。

④ 先進機器を用いた治療

  • 歯科用X線CT
    肉眼では確認できない骨の状態などを立体画像で確認できる「歯科用X線CTを」院内に導入しています。CT画像を活用することで、インプラント治療や審美治療の正確性・確実性を向上させることが期待できます。 
  • コンピュータによる手術シミュレーション・手術支援
    より正確なインプラント治療を行うため、CTデータを用いた手術のシミュレーションをコンピュータ上で実施しています。また、シミュレーションをもとに作成するガイドパーツを用いることで、計画した場所へ正確にインプラントを埋入することが可能です。

>当院のインプラント治療を詳しく見る

⑤ 清潔な治療環境

当院では、「スタッフが自分の医院で治療をしたい」と思える環境づくりを大切にしており、そのためのひとつが「清潔な治療環境の実現」です。

例えばタービンの消毒・滅菌処理については、昼間はスタッフ、夜は消毒・滅菌担当による高温オイル消毒、高圧蒸気滅菌、パッキング処理を行い、患者さんひとりひとりが常に清潔な器具で治療を受けていただける体制を整えたり、エプロンやコップも使い捨てのものを使用しています。

⑥ ドクター・歯科衛生士の研鑽

最善の治療をご提供するためには、スタッフひとりひとりが常に研鑽し続けることが欠かせません。当院のスタッフは勉強会や外部講習に積極的に参加し、最新かつ高度な知識・技術の習得に努めています。

2016年 主な参加セミナー・勉強会

ドクター向けセミナー

  • 口腔インプラント学会学術大会(名古屋)
  • 臨床器材研究所主催

口腔インプラント学会100時間コース(スタッフとして参加)

  • 歯庵 定例会 (会員発表)
  • 医療法人 育歩会 坂井歯科医院 山川副院長 セミナー
  • 経営塾アドバンスコース(2月,5月,7月,10月)
  • CDTCセミナー講習会(2月〜10月 毎月2日間)

 歯科衛生士向けセミナー

  • 近畿北陸地区歯科医学大会
  • 塚本先生 位相差顕微鏡セミナー
  • ラプレシャス SRPマスターコース
  • ポリリンホワイトニング セミナー
  • GC TBIセミナー
  • 新人スタッフ研修

歯科助手

  • 経営塾ベーシックコース
  • スーパースタッフ育成塾
  • TC育成塾

医院全体

  • アンドスマイル 蒲ヶ原先生接遇セミナー
  • いちき歯科 チーフ 磯田佳代先生 TCセミナー

当院では、ひとりひとりの成長を考え、参加するセミナーや勉強会を相談して決定しています。

これまでにも、歯科衛生士においては MDEセミナー、SJCD DHコース、tender space DHセミナーなどへ、歯科助手においてはスタッフ育成に関するセミナーなどへ積極的に参加しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME