メニュー

Q&A 歯の根の治療に回数がかかるのはなぜ?

[2018.03.12]

 歯の根の治療というのは、根の奥深くに細菌が入り込んで膿んでしまったり、神経の通っている管の中が細菌で汚れて炎症が起こってしまった歯を、抜かずになんとか残したいと希望する方の治療です。

針のような細い器具を使い、根気よく歯の根の中の神経が通る管を掃除して中に潜む細菌を極力減らしていきます。

 歯の根の形は人それぞれで、中には根が湾曲していたり、神経が迷路のように枝分かれしていたり、管の中が硬く石灰化していて掃除が困難なこともあり、一筋縄ではいかないケースもめずらしくありません。

 さまざまな困難を伴う根の治療ですが、重要なのはしっかりと掃除をして細菌を減らすことです。

小さな歯の中の細い管をきれいに掃除するのはなかなか難しい処置です。

 また、治療後に歯を長く使い続けるには、歯質をできるだけ多く残す必要があり、より慎重で丁寧な処置が求められます。

 そして場合によっては治療の合間に薬剤を管の中に入れて細菌を減らす処置が必要なこともあります。

 根の治療に何度か通っていただく必要があるのは、こうした理由からです。

治療が成功するように、ぜひ通院のご協力をお願い致します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME