メニュー

知覚過敏3

[2018.12.28]

しみる症状は歯の病気のサインです。
この症状が知覚過敏によるものか、あるいは別の病気によるものなのかを
見分けるには少し時間をおく事が重要になります。

知覚過敏の治療は段階的に進みます。症状が軽い場合は即日で改善することもありますが、
症状が重い場合は以下の治療を行います。
➀検査をして生活習慣、歯磨き、食事について指導する。
➁症状が出ているところに薬剤を塗ったり、コーティングをして経過をみる。
➂レジン等で歯の表面を覆う。マウスピースを使用して歯ぎしりからの影響を緩和する。
➃詰め物を詰めなおす。歯の噛み合わせを調節する。歯根を歯茎で覆うための治療をする。

このように、知覚過敏の治療は受診してすぐに治るというケースばかりではないので
ご理解いただきたいと思います。
不明な点がございましたら、お気軽にスタッフにお尋ねください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME