メニュー

知ってました?唾液の正体

[2019.05.24]

ほとんどの人にあるのが当たり前の唾液。
実は、お口の健康にも、全身の健康に欠かせないものなのです。

唾液は血液から作られ、その99%は水なのですが、
残りの1%に様々な成分が含まれています。

唾液は、
1.お口を清潔に保つ(食べかすや細菌を洗い流す)
2.お口の粘膜を守る(唾液のネバネバ成分であるムチンが、潤滑油として粘膜を保護する)
3.お口の中を中性に戻す(飲食後、酸性のpHに傾いたお口を中性のpHに戻す)
4.歯の補修(唾液中に溶け出したリン酸やカルシウムが、歯の再石灰化を促す)
5.細菌感染から守る(唾液の自浄作用とlgA、リゾチーム、ラクトフェリンなどの抗菌作用が虫歯や歯周病菌などの最近の活動を抑制する)
6.食べ物を湿らせて食塊にまとめることで、飲み込みやすくする
7.アミラーゼという消化酵素がでんぷんを分解し、消化を助ける。
8.食べ物の成分が唾液に溶けることで、味が感じやすくなる
と、たくさんの働きがあり、お口の中だけでなく、全身のためにも大活躍してくれているのです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME