メニュー

唾液の体への働きについて

[2019.05.31]
唾液はお口の中だけだけでなく体全体への働きも持っています。 今回は唾液が体の中でどんなことをしているかお話します。 1.感染症予防  唾液の含まれる抗菌物質IgAは細菌やウイルスが体に入ることを予防します。唾液中にIgAが多いと風邪やインフルエンザにもかかりにくくなると言われています。 2.食道の粘膜保護  お口の粘膜を保護するように、唾液中のムチンは食道の粘膜も守ってくれます。唾液が減ると、粘膜が傷つきやすくなり食道炎になってしまうこともあります。 3.胃の粘膜保護  成長因子のEGFは粘膜保護、胃酸の抑制に関与するといわれています。 4.消化の手助け  唾液中のアミラーゼが食べ物の消化を手伝ってくれます。 当院では、唾液が出やすくなるための唾液線マッサージもおこなっております。最近お口が乾燥するとお悩みの方、 ご気軽にご相談ください。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME