メニュー

しぎの歯科ブログ

洗口液の使い方(2019.02.04更新)

洗口液を使うときは・・・
まずしっかりと歯磨きをして歯の表面についている汚れを
除去し洗口液が作用しやすい環境を作りましょう。
歯磨きをした後時間が経つとバイオフィルムが出来てくるので
その前に洗口液で細菌を攻撃すると効果的です。
使用の際は、記載されている用法・容量・所定の時間を
守ってご使用ください。
口臭・虫歯・歯周病など目的のあった洗口液の使用が大切です。

お口のことでお悩みがあればご気軽にご相談下さい。

洗口液は歯磨きとセットで。(2019.02.04更新)

洗口液は歯磨き後に使うのが理想的です。
細菌が膜状になったバイオフィルは
歯周病菌などの細菌たちを守るバリアとなってしまい
そのまま洗口液を使うと
洗口液の殺菌性分が歯周病菌に届きにくくなってしまいます。

なので、洗口液を使うときには
このバイオフィルムを物理的に壊す(=歯磨き)が必要になってきます。

洗口液は歯磨きの代わりになるものではありませんので
ご注意くださいね。

洗口液の選び方(2019.02.04更新)

洗口液には、殺菌成分や歯茎の炎症を抑えたり歯周病の抑制の効果があります。
洗口液をお選びになる場合は、ご自身が何を目的として洗口液を使うのかを
明確にしていただくと選びやすくなります。
長く使い続けていただくためにも味や刺激感も考慮してみてください。
洗口液は、2種類のものを併用していただいても問題ないので
ぜひ自分にあった洗口液を見つけてみてください♪

洗口液と液体歯みがきの違い(2019.02.04更新)

洗口液と液体歯みがき、使ってみたいけどどっちをいつ使えばいいのかわからないですよね。
洗口液は毎日の歯みがきに加えて使用します。歯みがき後や就寝前がおすすめです。
液体歯みがきはすすいでお口の中に行き渡らせたあとに歯みがきをします。
必ず、ラベルの記載をチェックして製品にあった使い方をして下さい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME