医院ブログ

診療時間
月・火・水10:00 13:0014:00 18:30
木・土09:00 12:0013:00 17:30
10:00 13:0015:00 18:30
ご予約・お問い合わせ 06-6968-8241
京橋駅・鴫野駅 徒歩8分
24時間受付 初診専用 WEB予約
お問い合わせ
キービジュアル

子供の定期健診は何故必要ですか?

2023年9月28日

よく親御さんから質問される子供の定期健診について今回はお話させていただきます。

大切なお子様の歯、一生自分の歯で美味しく食事をして健康に過ごしてもらいたいですよね。

以前に歯科医院での口腔内のケア・自宅での歯ブラシが虫歯や歯周病を防ぐ為に大切とお話させて頂きましたが、今回は大人になる為に日々成長しているお子様のまだ不安定な口腔内で注意したい事などを中心にお話させて頂きますね。

子供の歯は不安定?!

一般的に初めて歯が生えてくるのが生後6~8か月と言われています。

そこから永久歯が生えそろうのが12~13歳頃となります。

その為、10年以上は口腔内の環境が変化している状態です。

口・顎の発達が著しい学童期の口腔内は日々劇的に変化していくので、口内環境が不安定な状態になり、トラブルが生じやすいので注意が必要です。

発見が遅いほど対応が困難になり、更に放置すれば、その後の成長にも悪影響を及ぼす事もあります。

よくあるトラブルでは、虫歯や歯周病/歯の生えかわりや生え方の異常/歯茎や口腔粘膜の異常/顎の発育異常/お口の成長を阻害する口腔習癖/不適切な歯ブラシの仕方や仕上げ磨きなどがあります。

 

虫歯や歯周病/不適切な歯磨きや仕上げ磨きについては、虫歯になるサイクルや口腔内ケアの大切さをまとめた【大切なお子様の歯を守りましょう】のコラムもぜひ参考になさってください。

生えかわり時に潜むトラブルを早期発見!

永久歯が生える時期についてですが、永久歯の萌出時期には個人差があります。

一般的には、年長さんの後半になる頃には、多くのお子さんの下の前歯あたりがグラグラしはじめます。そして、乳歯の下に隠れている永久歯が顔を出そうとしている状態です。

乳歯は上下合わせて20本あり、永久歯に生えかわり、そこに8本新たに加わり合計28本(親知らずを除く)となります。

最後の永久歯が生えそろうのが12~13歳頃となります。

「周りの子は生え変わっているのに、うちの子はまだ歯も抜けてない」と心配される声をよく聞きますが、萌出時期には個人差があり、背がのびたりするのと同じで、成長がゆっくりなだけの事もあるため、それほど心配はいりませんが、永久歯の萌出を邪魔している要因が潜んでいる場合は注意が必要になります。

そこの発見や見極めが大切になる為、歯科医院での定期的な検診が必要となります。

乳歯が抜けてほどなくして永久歯が生えてくるのがスムーズな生え変わりです。

抜けて中々生えてこない場合で、特に萌出時期に左右の歯で差がある場合は要注意です。

 

そもそも、乳歯から永久歯に生えかわるのは、歯茎の中で乳歯に続く永久歯が乳歯の根を刺激し、刺激を受けた乳歯の根が短くなって抜け落ちます。そして、永久歯が歯茎から萌出してきます。

顎の成長が小さかったり、大きな虫歯などがあると、生えかわりが上手くいかなくなることがあります。

注意したいポイント

乳切歯の残存と下顎の切歯の舌側転位

→乳歯が残ったまま、歯の裏側から永久歯が生えてきて、一時的に2枚歯になってしまう状態の事です。

問題点:乳歯が長くとどまる場合は、食べ物がつまりやすく歯磨きがしにくくなります。

永久歯の萌出スペースが小さく、歯並びに影響してしまう場合があります。

萌出遅延

→永久歯がなかなか生えてこない状態の事です。

問題点:永久歯の萌出遅延をそのままにしておくと、隣の歯の永久歯の根にぶつかり、歯の根を溶かしてしまう事や、将来的に埋伏という自然には生えてこない状態になり、歯並びやかみ合わせに影響してしまう場合があります。

異所萌出

→歯が本来生える位置と異なる場所や大きく傾いたまま生えてくる状態の事です。

問題点:よくあるのが『八重歯』ですね。また、八重歯より早い時期に起こるのが6歳臼歯の異所萌出です。程度が大きい場合は遅れて生えてきたり、完全に生えない状態になる事があります。そうなると、対になる歯が伸びてしまうことがあります。また、隣の歯に潜り込むように萌出していると隣の乳歯が早期に抜けてしまい、歯並びやかみ合わせに影響してしまう場合があります。

過剰歯

→正常な歯の数より多く歯がある状態の事です。

問題点:永久歯が本来生えるスペースに過剰歯が生えてくるため、スペースがなくなり歯並び、かみ合わせ、前歯が離れるなど影響がでる場合があります。

先天欠如

→何らかの原因で顎の中に歯が形成されていない状態の事です。

問題点:乳歯が永久歯の代わりとして長く使っていくことになります。その為に、虫歯にさせないように徹底的な歯磨きや定期健診が必要になります。

もしも乳歯が抜けた場合は欠損したままとなり、歯並びやかみ合わせに影響がでる場合があります。

 

ここまで紹介した歯の生えかわり時期のトラブルを早期に発見するには歯科医院での定期健診が大切になります。

可能であれば、かかりつけ医を作り、長期的に成長の過程を見守りながら、トラブルを早期に発見できる環境を作りましょう。

そしてトラブルを発見したら適切な対処を行いましょう。

 

乳歯は生えかわりますが、永久歯は抜けると歯が生えてくる事はありません。

永久歯は何十年と生活を共にする大切なパートナーです。

大人になった時の歯並びやかみ合わせの問題は、生え変わりの時期のトラブルが直結している事が多いと言われています。

永久歯が出てきた時のトラブルを放置したまま永久歯の歯列が完成すると歯並び悪い場合、ある一部に負担がかかったり、口腔ケアが難しくなり、大人になった時の歯周病や虫歯の悪化にもつながります。

できれば、問題が小さいうちに悪い芽は摘み取って、大人になった際に口腔ケアがしやすく、お口全体でしっかり噛めて、快適に過ごせる口腔内になっていただきたいですね。

それを可能にさせるのが、早期発見・歯科医院での定期健診なのです。

定期健診(3~4か月毎)では、歯のクリーニングの際に虫歯や歯周病の予防と合わせて、目で見て(視診)、触って(触診)確認します。

1年毎で、顎の状態や生え変わりに問題がないか、レントゲンでチェックを行います。

必要に応じて、追加でレントゲンにて精査する場合もあります。

いつから子供の定期健診に通うといいのでしょうか?

ここまでで定期健診の重要性はご理解いただけたと思います。では、いつから定期健診に通うのがベストなのでしょうか?

1歳半検診や3歳児検診などを受診をしていただいているかと思いますが、歯科医院には歯が生えてきたら来院していただくのが理想的です。

難しい場合は、上記の検診時に指摘されたタイミングでもかまいません。

まずは、視診や触診を行い、口腔内の状態を把握させて頂きます。(必要に応じてレントゲン検診も行う場合もあります)

定期的に口腔ケアを受けて頂き、お子様に歯科医院に慣れて頂く事も大切になります。

そして、永久歯の萌出に合わせて、レントゲンにて検診をさせて頂きます。

お子様の顎や歯並びの状態によっては、矯正が必要になるケースもあります。

その際は矯正無料相談も行っております。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は子供の定期健診の重要性についてお話させていただきました。

お子様の仕上げ磨きの際にまだ乳歯が残っているのに永久歯が生えてきたり・右は生えているのに左は中々生えてこない、など気になる場合は是非、歯科医院を受診してみてください。

早期発見が将来のお子様の快適な口腔内につながります。

当院では、小児矯正や悪い口腔習癖を治していく事にも力を入れています。

現時点でお子様の歯並びが気になる場合は、矯正無料相談を受けてみて下さいね。

白く輝くスマイルライフ♪

2023年9月21日

近年コロナ禍の影響でWEB会議やビデオ通話が多くなり、自分の口元や歯の色が気になる事はありませんか?

自分の顔がアップになった時に歯の色が気になる・・・昔はもっと白かったのに・・・等

マスクを外しての会話はつい人の口元に目がいってしまいご自身の歯の色が気になり、歯のホワイトニングに興味を持たれる方が増えてきているようです。

今世の中には【ホワイトニング】と検索するとセルフホワイトニングサロンや美白効果のある歯磨き粉など様々な歯を白くするサービスが出てきます。

その中で最も選ばれている歯科医院のホワイトニングについて今回はお話させて頂きます。

なぜ歯科医院のホワイトニングが選ばれるのでしょうか?

歯科医院で行うホワイトニングとそうではないホワイトニングの一番の違いは【歯科医師の診断や歯科衛生士の指導・サポートを受けられる】点です。

自己判断ではなく歯科医師が口腔内を診てホワイトニングが問題なく行える口腔内かを診断させていただき、ホワイトニング開始後もしっかり効果が出ているか適切に安全に使えているかを確認させて頂きます。

更に【使用する薬剤】が違います。

歯科医院のホワイトニングでは過酸化水素(または過酸化尿素)を配合した薬剤を使用します。

この薬剤には歯を本来の色より白くする漂白効果があるのですが歯科医院以外では使用が認められていません。

またホワイトニング前に歯のクリーニングを行い、歯石や茶渋などの汚れを綺麗に取り除いてからホワイトニングをする事ができホワイトニングの効果が更に期待できます。

歯科医院のお勧めホワイトニングは【ホームホワイトニング】です。

歯科医院で診断と適切な使用方法の指導を受けてから、患者様がご自宅(HOME)で行うホワイトニングです。

歯科医院で作製したマウスピースにジェル状のホワイトニング薬剤を塗布して、所定の時間装着して歯を白くしていくホワイトニングです。

当院のホームホワイトニング

スターターセット (上下トレー・ジェル8本)

¥36.300 (税抜き33.000円)

*ジェル8本で平均1ケ月分となります

*ジェルの追加購入も可能となります。1本¥1.300 (税抜き1.181円)

メリット

  • ・通院回数が少なく、自宅で好きな時に行える
  • ・低濃度の薬剤を使用するので安全
  • ・薬剤を時間をかけて浸透させるため、歯の白さが長く持続できる
  • ・自分のペースで希望に添った白さまで白くできる
  • ・時間をかけて行えば漂白効果は一番高く確実に白くできます

デメリット

  • ・ご自身できちんと行ってもらわないと効果がでない
  • ・薬剤が低濃度なため、効果を実感できるまでに時間がかかる
  • ・1回あたりのマウスピースの装着時間が長い

ホームホワイトニングの基本の流れ

①口腔内の状態を確認し、ホワイトニングして問題ないか確認します。

②歯の汚れの状態により歯のクリーニングを行います。(保険適用)

③上下の型取りをし、トレーを作製します。

④トレー完成後にトレーとジェルの使用方法の説明とお渡しを行います。

⑤ご自宅でホワイトニングスタートです。

*推奨の使用頻度はスタート時は毎日1日120分を2週間続けてください。

*しみる症状などがある場合は使用頻度を控えて下さい。

⑥歯科医院にて経過観察 ホワイトニングの効果をチェックします

⑦ご自身が納得できるまでホワイトニングを続けていただき、納得できたら終了となります。

*ホームホワイトニングの流れ①~④までを同時に行う事はできません。別日で型取りとお渡しの予約を取っていただきます。

*後戻りが気になる時はホワイトニングを再開して再度白くすることも可能です。

ホームホワイトニングのトレーってどんなもの?

ホワイトニングトレーは患者様の歯並びにぴったり合うように精密に作られたトレー(マウスピース)です。

歯型を取ってから模型を作製し、それにプラスチックのシートを圧着してマウスピースを成形し、切り出して形を整えます。

歯に隙間なく密着するので、ホワイトニングの薬剤をまんべんなく歯に浸透させられます。

トレー作製後に虫歯治療など行い歯の形が変わるとマウスピースが入らくなる事もあります。

虫歯治療が途中の方は歯科医師と相談が必要になります。

トレー作製の流れ

①歯型をとる

②出来上がった模型

③模型にシートを着圧

④シートを切り取り

⑤整形

⑥完成!!

気になるホワイトニングの疑問 Q&A

Q:ホワイトニングは誰でも受けれますか?

A:下記に該当する方はホワイトニングは控えて頂いています。

  • ・無カタラーゼ症の方(過酸化水素が分解できない為、有害物質として体内に残ってしまい進行性口腔壊死などの危険な症状を招く恐れがあります)
  • ・漂白剤、ラテックスにアレルギーがある方
  • ・妊婦や授乳中の女性(妊娠中の女性にホワイトニングを行い問題が起きたという症例はなく安全性の高さが立証されているとはいえ、薬剤を使用しますので当院では控えて頂いています)
  • ・重度の呼吸器疾患や重度の知覚過敏がある方
  • ・歯の根がまだ出来上がっていない小児や若年者など未成年の方
  • ・口腔外科手術、歯の治療2週間以内の方

*テトラサイクリン歯の方は要相談となります。

(テトラサイクリン歯とは、テトラサイクリン系抗生物質により変色した歯の事です。歯の形成期(0~12歳頃)にこの抗生物質を大量にとると副作用として歯の変色が起きます。歯の色が灰色がかっていたり、縞模様があったりするのが特徴)

Q:本当に白くなりますか?

A:ホワイトニングの効果は治療前の患者様の歯の色調や歯質により個人差があります。希望する白さまでは改善が難しい場合があります。また、ホワイトニングの効果は永続的に続くものではありません。

白さを維持するためには定期的な再ホワイトニングが必要になります。

そして、ホワイトニングで白くなるのはご自身の天然歯のみです。詰め物や被せ物の色調は改善されません。ホワイトニングで白くした天然歯と被せ物の色調の差が目立つ場合は詰め直しや被せ物の作り直しが必要になります。

Q:ホワイトニングしたら歯がしみるって本当ですか?

A:ホワイトニングの薬剤の作用で一時的にペリクル(歯を保護する極薄の膜)が無くなったためしみる症状が起こりますが、数時間たってペリクルが再生すればしみる症状は収まります。

人によってしみる・しみないに差があるのは刺激に対する歯の神経の感受性やその人のぺリクルがどれくらい速く再生するかが異なるためです。

個人差はありますが時間がたてば必ずしみる症状は消えていきますので安心してください。

実際にホームホワイトニングの症例を見ていきましょう

 25歳 女性        

ホワイトニング前                   ホワイトニング1ケ月後

   

患者様の感想

ホームホワイトニングをする理由

元々紅茶やコーヒーが好きで、歯の黄ばみが気になっていた為。

マスクを外す機会が増え、気になる事が多くなった為。

1ケ月ホワイトニングの使用頻度

可能であれば毎日。もしくは2~3日おきに行いました。

寝ている間もしくは夕食後や日中の時間がとれる時に実施しました。

ホワイトニング1ケ月時点での感想

開始後1~2週間で自分でも白くなったと感じ、周りからも言われることがありました。

1ケ月経過した今はほとんど白くなり、久しぶりに会った友人にも褒めてもらえます。

冷たいものや温かいものがしみることはありますが今の時点ではそこまで感じません。

これからも続けるのが楽しみです。ありがとうございました!

 

1ケ月継続してホームホワイトニングをしていただき、2トーン以上白くなっています。

やはり1回では写真のように白くはなりませんが1ケ月頑張って続けて頂けば白くなる事も可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はホームホワイトニングについてお話をさせていただきました。

手軽にご自宅でご自身のペースで白くできるのでマスクを外す事も多くなってきたこの時期に是非ホワイトニングデビューしてみませんか?

まずは歯のクリーニングや定期健診など受診していただき、ホワイトニングが可能かお気軽にご相談してみてください。

白く輝くスマイルライフはホームホワイトニングで手に入れられますよ♪

 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • お問い合わせ
  • WEB予約

ご予約・お問い合わせ 06-6968-8241

〒536-0014 大阪市城東区鴫野西3-6-26 鴫野ビル1F

このページの先頭に戻る